本日は2019 第72回 鳴尾記念の血統予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

最後に血統面から推奨できるオススメ馬の紹介もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

 

先週の血統分析結果
日本ダービー 1着 ロジャーバローズ
       2着 ダノンキングリー
       3着 ヴェロックス
目黒記念   該当馬無し
先週の予想結果
日本ダービー ◎ダノンキングリー
        3番人気2着
目黒記念   ◎ウインテンダネス
        8番人気6着
先週の血統分析予想の記事はこちら!

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
ナスルーラ系の血、特に米国型ナスルーラ系かトニービン

 

 

以上の血統には要注目です!

 

 

該当している馬

ナスルーラ系の血、特に米国型かトニービン

ステイフーリッシュ

ノーブルマーズ

ブラックバゴ

プラチナムバレット

メールドグラース

ユウチェンジ

ヴォーガ

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

内回りコースのスピード持続力に注目!

 

阪神の外回りが直線約470mなのに対して、内回りは直線が約360m程なので、直線の瞬発力よりはスピードを持続させてコーナーから直線を迎えられる馬の方が有利です。

 

過去5年の勝ち馬の上がり3Fを見てみると全て34秒台の上がりタイムであり、ラップタイムを見てみると4F辺りからレースが動いている傾向にあります。

 

なので、スピード持続力に長けている米国型ナスルーラ系トニービンの血を持つ馬が好走しているのだと考えられます。

 

過去5年の米国型ナスルーラ系トニービンを持つ馬の好走馬

2018年 1着 ストロングタイタン(4番人気)

          3着 トリコロールブルー(2番人気)

2017年 1着 ステイインシアトル(3番人気)

     2着 スマートレイアー(1番人気) 

2016年 1着 サトノノブレス(3番人気)

2015年 1着 ラブリーデイ(2番人気)

     2着 マジェスティハーツ(8番人気)

2014年 1着 エアソミュール(1番人気)

     3着 フラガラッハ(10番人気)

 

以上の様に、米国型ナスルーラ系、トニービンを持つ馬が毎年好走しています。

 

平場を通して内回りコースでは上記の血統を持つ馬が好走している傾向にあるので、覚えておいて損は無いかと思います。

 

 

スポンサーリンク

血統面から見たオススメ馬

 

今回の出走馬でオススメの馬は、ステイフーリッシュです。

 

米国型ナスルーラ系の筆頭であるボールドルーラーの血を持ち、内回りコースに強いステイゴールド産駒、阪神に相性の良いキングカメハメハを母父に持つ血統で、いかにも速い脚が使えず坂のあるパワーを要するコースに向いているタイプの血統だと思います。

 

著しい相手強化だった大阪杯を除けば、ここ最近重賞でも安定して好走できていますし、同舞台のチャレンジカップでは3歳ながら古馬と同斤量で3着に走っているので、人気するとは思いますが大崩れはしないのかなという印象ですね。

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事