皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第80回 優駿牝馬 オークスの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

オークスの血統分析予想はこちら!

 

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

牝馬クラシック最終戦となるオークス。

 

今年は桜花賞馬不在で行われる一戦なだけに、なかなか混戦模様のオッズ推移が見受けられますね。

 

ラヴズオンリーユー、クロノジェネシス、コントラチェック、ダノンファンタジーの4頭が僅差のオッズで人気を分け合っており、どの馬も高い能力を持っているだけにこのオッズになるのも頷けます。

 

オークスを予想するにあたって一番重要な点は、距離適性ではなく折り合いをつけて2,400mという長い距離を走る事ができるかどうかです。

 

その観点で見ると、個人的に買いたくないのはダノンファンタジーコントラチェックの二頭ですね。

 

ダノンファンタジーはチューチップ賞の辺りからもう気性が怪しくなっていましたが、桜花賞の時にはチューリップ賞以上の気性の荒さを見せており、間違いなく距離延長はマイナスでしょう。

 

距離は関係ないと言われるオークスですが、ダノンファンタジーは多分今後マイル以下の路線で走るくらいの馬だと思うので、能力は高いと言ってもちょっと買いにくい馬ですね。

 

そしてコントラチェックですが、元々ルメール騎手騎乗予定で今回レーン騎手に乗り替わりになった馬であり、先週のノームコアを1着に導いた手綱さばきは、もはや疑う余地が無いです。

 

そのレーン騎手がコントラチェックに騎乗する訳ですが、この馬も気性難がある馬で今まで結果を残してきたのが全て逃げた時のものでした。

 

前走のフラワーカップの勝ちっぷりは強いの一言ですが、直線の長い東京も微妙ですし距離延長も前向き過ぎる気性を考えるとマイナスだと思います。

 

それでも昨年からのGⅠの流れを考えれば、ノーザンFが勝たせたい馬という観点ではこの馬が一番だと思うので、普通にこなせても不思議ありません。

 

土曜日のレーン騎手の競馬振りを見ていると、なんとなく前付けを意識して乗っているように見えたので、コントラチェックでどんな競馬をすればよいのか考えて乗っていたのかなとも思います。

 

とは言っても、まだ一線級相手に戦っていない中での結果という事を考えると、馬券の相手評価までが妥当かなと考えています。

 

 

以上、人気馬の中で評価を落としたい二頭について書いてきましたが、結局残ったのは現在1,2番人気を分け合っているラヴズオンリーユークロノジェネシスですね。

 

どちらも2歳のころから注目していた馬で、ラヴズオンリーユーに関してはDMMバヌーシーの馬であり、出資する事も考えていたという過去があるものですから、ちょっと出資しなかったことに後悔しています。笑

 

クロノジェネシスに関しても、阪神ジュベナイルフィリーズでは自信の本命だったので、結構思い入れの強い馬でもあります。

 

この二頭、どちらを本命にするか非常に悩みましたが、最後は血の勢いを評価したいと思います。

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎クロノジェネシス

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

クロノジェネシスは先週ヴィクトリアマイルを制したノームコアの半妹にあたる馬ですが、東京の高速馬場ではクロフネの血が良く走る傾向にあります。

 

アエロリットをイメージしてもらえると分かりやすいですね。

 

レコード決着を制したノームコアの半妹であるクロノジェネシスが高速馬場に対応できないとは思いませんし、父のバゴは凱旋門賞を勝つほどのスタミナの持ち主で、今回の距離延長もこなせるでしょう。

 

また、バゴに入っているヌレイエフという血もオークスでは好相性の血統ですね。

 

今まで活躍したバゴ産駒というのが少なかっただけに、血統面でインパクトに欠ける部分はありますが、オークスという舞台は非常に適している舞台だと思います。

 

この馬の能力面に話を変えると、アイビーSで見せた上り3F32,5というタイムを2歳牝馬で出せるというのは非凡な瞬発力を持っている裏付けになりますし、東京で2戦2勝という相性の良さも注目したいですね。

 

前走の桜花賞では着順的にはギリギリ3着に粘りこめた形でしたが、阪神マイル外回りで圧倒的に不利な2枠から競馬をして直線は外に出すロスがありながらの結果なので、むしろ良く走った方だと思います。

 

この馬はピッチが速く一瞬の加速力が持ち味の馬であり、外を回すよりは内で溜めて内のスペースを突く競馬の方がいいと思うので、1枠2番という枠は絶好枠ですね。

 

先ほど気性の話でダノンファンタジーコントラチェックの評価を下げましたが、この馬も結構前向きな気性ではあるのですが、両隣が前に行く馬なのですんなりと内ラチのポケットに馬を入れて前に壁を作れるのもプラスです。

 

アイビーS、クイーンCとわざわざ東京に二回も遠征させた経験がオークスで活きると思うので、後は今年GⅠジョッキーとなった北村騎手にGⅠ二勝目を挙げてもらう事を願って、クロノジェネシスから勝負したいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事