皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第26回 平安Sの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

最後に血統面から推奨できるオススメ馬の紹介もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

 

先週の血統分析結果
京王杯スプリングカップ  3着 ロジクライ
ヴィクトリアマイル    2着 プリモシーン
先週の血統分析予想の記事はこちら!

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父ミスプロ系の馬が好相性!

 

 

以上の血統には要注目です!

 

 

該当している馬

父ミスプロ系

アナザートゥルース

オメガパフューム

サトノアッシュ

サトノプライム

ジョーダンキング

チュウワウィザード

マイネルユキツバキ

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

京都中距離ダートはミスプロ系が強い!

 

これは平場含めて言える事ですが、京都の中距離ダートは父ミスプロ系の馬が良く走っており、特に米国型ミスプロ系とキンカメを父に持つ馬は優秀な成績を上げています。

 

京都ダートは最後の直線が平坦なので、アメリカの様なスピード持続力が他の競馬場よりも求められるコースです。

 

また、個人的にミスプロ系の特徴として感じているのがオールラウンダーの馬が多いという点で、平均的にスピードもパワーも芝適性も高いという印象を持っています。

 

京都の砂質はよく他の競馬場よりも軽いと表現されることが多く、結構芝寄りの適性なんかも求められる舞台です。

 

そう考えると、芝ダートどちらも走れる万能タイプのキングカメハメハ産駒が平場含めてリーディングに輝いているのも頷けますね。

 

 

スポンサーリンク

血統面から見たオススメ馬

 

今回の出走馬でオススメの馬は、オメガパフュームです。

 

父スウェプトオーヴァーボードに母父ゴールドアリュールという血統で、ダートの中距離で活躍しそうな血統構成です。

 

スウェプトオーヴァーボードは牝系の特徴を強く出す種牡馬なので、母の血統構成を見るとゴールドアリュールにリアルシャダイの配合で、距離は長い方が良いでしょう。

 

右回り巧者の馬で京都1,900mはJBCクラシックで2着と好走していますし、左回りだと手前を買えずに力を出し切れないので、前走の大敗は度外視でここは人気はしますが注目の一頭だと思います!

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事