【京王杯スプリングカップ】推奨馬 スプリントの経験が活きる!

 

皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第64回 京王杯スプリングカップの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

京王杯スプリングカップの血統分析予想はこちら!

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

保田記念へ向けての大事な一戦となる京王杯スプリングカップ。

 

紛れの多い1,400mで結構メンバーレベルも均衡する事が多いレースなだけに、毎年やや荒れ模様のレースですが、今年も人気に支持されそうな馬はどこかパンチが足りない馬ばかり・・・。

 

今回はトゥザクラウン、ブロワが結構早いペースを刻んでいくと思われますが、先週やや水分を含んだ馬場が今週の晴天でどのような馬場になっているかが読みにくいので、どのポジションの馬に恵まれるのかは要確認ですね。

 

トゥザクラウンは前走阪神内回り1,400mとは言っても、前半3F33.1というスプリント戦でも早いくらいのペースで逃げているので、先行勢には結構きつい流れになるのかなと見ています。

 

ただ、今週からBコース変わりで内先行有利の馬場になる可能性も考えられますし、ここで予想していても結論は出ないので、今回は馬場の事はあまり考えずに馬券妙味のありそうな馬を選んでみたいと思います。

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ロードクエスト

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、近走の結果を見ているとスワンS以外はなかなか勝ち切れない競馬が続いてはいるものの、0.5秒以内の僅差での惜敗でした。

 

毎回いい脚で追い込んできており、最近のレース振りを見ているとマイルでは最後の1Fで脚があがっている様に見えるので、現状のベスト距離は1,400mなのだと思います。

 

脚質が後ろからの馬だけに展開面の助けがいるタイプの馬ですが、今回はペースも流れそうなので過去に短距離を使った経験が活かしていいポジションを取れれば十分チャンスはあると思います。

 

また、デムーロ騎手が騎乗するというのも大きくて、デムーロ騎手騎乗の時の成績が2-1-0-0と非常に相性が良く、その中の一勝はモズアスコット相手に勝利したスワンSでの勝利でした。

 

多分本番の安田記念ではデムーロ騎手はペルシアンナイトに騎乗すると思うので、ここでデムーロ騎手がロードクエストに騎乗するという事はこのレースに対する勝負度合いの高さを示していると思います。

 

先週NHKマイルでようやくスランプから抜け出す事ができましたし、この勢いでここも勝ち切ってもらいたいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事