【ヴィクトリアマイル】血統予想 重厚な血が求められるレース!

 

皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第14回 ヴィクトリアマイルの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

最後に血統面から推奨できるオススメ馬の紹介もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

 

先週の血統分析結果
京都新聞杯     該当馬無し
NHKマイル    3着 カテドラル
先週の血統分析予想の記事はこちら!

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父サンデー系、母父に欧州型ノーザンダンサー系

 

 

以上の血統には要注目です!

 

 

 

該当している馬

父サンデー系、母父欧州型ノーザンダンサー系

アマルフィコースト

カンタービレ

プリモシーン

ミッキーチャーム

レッドオルガ

ワントゥワン

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

牝系の重厚な血が好相性!

 

先週行われたNHKマイルに続き、東京マイルで行われるヴィクトリアマイルですが、ラップの違いから血統傾向が変わっている様です。

 

NHKマイルは前半からペースが流れる為、米国のスピード持続力が問われやすいレースなのに対して、ヴィクトリアマイルはスローからの瞬発力勝負になりやすいので、同じ舞台でも好走する血統は異なります。

 

ヴィクトリアマイルで好走が目立つのが、母父にサドラーズウェルズやヌレイエフなどの欧州型ノーザンダンサー系を持つ馬で、父サンデーに母父欧州型ノーザンダンサー系の配合は瞬発力に長けた馬になりやすい傾向があります。

 

ちなみに、父ディープに母父欧州型ノーザンダンサー系の配合だと・・・

1-1-3-8/13

単勝回収率149% 複勝回収率123%

 

となっています。

 

昨年の勝ち馬ジュールポレールの影響もあって回収率はプラスとなっていますが、着外の8頭中3頭は4着と好走しており、相性の良さを知るという意味では良いデータなのかなと。

 

今年のメンバーで父ディープに限ると、カンタービレ、プリモシーン、ミッキーチャーム、レッドオルガ、ワントゥワンと5頭出走登録をしており、能力を考えてもこの中から馬券に絡む馬が出る可能性は非常に高いと思われます。

 

 

スポンサーリンク

血統面から見たオススメ馬

 

今回の出走馬でオススメの馬は、レッドオルガです!

 

有名な血統なのでご存知の方も多いと思いますが、母のエリモピクシーという馬が名繁殖の馬で、とにかくマイル適性の高い馬を今までに何頭も産み出しています。

 

東京新聞杯と富士Sを勝利、NHKマイルと安田記念のGⅠで3着したクラレントや、昨年のNHKマイルとヴィクトリアマイルで3着になったレッドヴェイロンレッドアヴァンセが兄弟にいるという凄い牝系ですね!

 

ここまで東京マイルの活躍馬を出す牝系というのも珍しいですし、レッドオルガ自身東京マイルでは複勝率100%の良績を残していますから、要注目の血統オススメ馬です!

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事