皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第24回 NHKマイルカップの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

最後に血統面から推奨できるオススメ馬の紹介もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

 

先週の血統分析結果
青葉賞     1着リオンリオン
天皇賞・春   該当なし
新潟大賞典   該当なし
先週の血統分析予想の記事はこちら!

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
ダンチヒ、ヴァイスリージェントの血を持つ馬

 

 

以上の血統には要注目です!

 

 

該当している馬

ダンチヒ、ヴァイスリージェントの血を持つ馬

イベリス

インテンスライト

カテドラル

クリノガウディー

グルーヴィット

ダノンチェイサー

ハッピーアワー

ピースワンパラディ

ファンタジスト

ミッキーブラック

※出走馬確定後に除外馬は修正します。

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

前傾ラップに強いアメリカの短距離血統が熱い!

 

NHKマイルカップというレースは3歳重賞の中でも特に特殊なレースと言う認識をしています。

 

結構荒れやすいレースという印象を抱いている方も多いかと思いますが、それにはある大きな理由が存在しています。

 

それは、前半のペースが後半よりも速くなる前傾ラップのレースになりやすいという点です。

 

過去10年の前後半の3Fを比較してみると、ほとんどのレースが前半3Fの方が速い前傾ラップで、後傾ラップのレースでもほとんど前後半の差がないスピード持続力が問われるレースとなっています。

 

基本的に日本の競馬はスローからの瞬発力勝負が主流なだけに、前半から速いラップを刻むレースでは逆の適性が問われることになり、前哨戦でスローペースのレースを勝ってきた人気馬が沈むことが多いという訳です。

 

ではなぜ前傾ラップになりやすいのかというと、NHKマイルカップはクラシック路線を走ってきたマイラーはもちろんの事、1200、1400を走ってきた短距離馬も多く出走するからです。

 

3歳の短距離馬は1200mのGⅠが無いので、必然的に春の大目標はNHKマイルカップとなり、この短距離組がペースを早くする一番の要因となっています。

 

今年のメンバーで例年通り前傾ラップになるかどうかは枠や馬場も影響するので一概には言えませんが、過去に前傾ラップで結果を残せているかどうかという所には注目して見ると良いでしょう。

 

血統で注目したいのが、前傾ラップに強いアメリカの短距離血統ダンチヒとヴァイスリージェントですね!

 

過去5年で馬券になった馬の中でダンチヒとヴァイスリージェントを持つ馬を見てみると・・・

 

2014 1着 ミッキーアイル

2015 1着 クラリティスカイ 

    2着 アルビアーノ

    3着 ミュゼスルタン

2016 1着 メジャーエンブレム

    2着 ロードクエスト

    3着 レインボーライン

2017 1着 アエロリット

    2着 リエノテソーロ

2018 1着 ケイアイノーテック

    2着 ギベオン

 

以上の様に、過去5年で馬券になった15頭中11頭がダンチヒかヴァイスリージェントの血を持っていました!

 

特に、ダンチヒの血を持つ馬は5年連続連対中なので、これは見逃せない!

 

血統面から見ると、抜けた人気に支持されそうなグランアレグリアとアドマイヤマーズはダンチヒもヴァイスリージェントも持っていないので、荒れる余地はあるのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

血統面から見たオススメ馬

 

今回の出走馬でオススメの馬は、ダノンチェイサーです!

 

ディープにロックオブジブラルタルという配合は、2014年の勝ち馬ミッキーアイルと同配合ですね。

 

ミッキーアイル程、短距離色が強い血統構成ではないですが、母のサミターはアイリッシュ1000ギニーという芝1600mで行われるアイルランドの桜花賞みたいなレースを勝っているGⅠ馬ですので、高速馬場のマイル適性は高いと見ています。

 

また、あまり血統は関係ありませんが、ミッキーアイルの馬主である野田みづきさんとダノンチェイサーの馬主であるダノックスのトップ野田順弘さんは夫婦であり、ダノックスにとってNHKマイルは初GⅠ勝利を手に入れた思い入れのあるレース、そこにミッキーアイルと同じ配合のダノンチェイサーが走るという事を考えると、なんとなく買ってみたくなる馬ですね!笑

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事