福島牝馬S 血統分析予想 馬力がある馬を探せ!

 

皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第16回 福島牝馬Sの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析結果
アーリントンC   1着イベリス
アンタレスS    該当馬無し
皐月賞       1着サートゥルナーリア
          3着ダノンキングリー
先週の血統分析予想の記事はこちら!

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父非サンデー系が優秀!
特に父か母父欧州血統の馬

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父非サンデー系、父か母父欧州血統

カレンシリエージョ

デンコウアンジュ

ビスカリア

ランドネ

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

タフな流れに強い欧州血統が穴を演出する!

 

福島と言えば、坂の起伏が少ない小回りコースというのが特徴なので、中山コースに似たコースというイメージを持ってもらえると分かりやすいかと思います。

 

福島芝1,800mはスタートがゴール手前の坂下からになっているので、スタート直後はスタミナを気にしてスローになりやすい傾向にあります。

 

中山に比べれば坂の高低差は強くないので、そこまでスタミナ面を気にする必要もないかもしれませんが、コース全体的に起伏が少ない分、前半からペースが流れたり後半の仕掛けが速くなったりします。

 

そうなると必要となるのがスピードの持続力で、平場を通してこのコースで相性が良いのがタフな流れに強いロベルト系やトニービンを始めとした欧州型ナスルーラ系ですね。

 

福島牝馬Sでも過去10年の勝ち馬のうち7頭は非サンデー系で、その中の5頭は欧州血統の馬です。

 

スポンサーリンク

血統注目馬

 

今回の出走馬で見ると、デンコウアンジュはローカルで良く走るメイショウサムソン産駒で母には小回りのスピード持続力適性の高いニジンスキーを持っています。

 

脚質面で不安は残りますが、いつもいい脚で追い込んでくるのでどこかでまた穴を開けそうな予感がしますね。

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事