皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第79回 皐月賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

皐月賞の血統分析予想はこちら!

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

牡馬クラシック初戦である皐月賞がとうとう開幕となります。

 

中山最終週に行われる皐月賞で今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

 

まずこのレースを予想する上で最重要ポイントはサートゥルナーリアの扱いでしょう。

 

目下三連勝中でまだ本気で走っていない所を見ると、本当に化け物クラスの馬の可能性もあると思います。

 

ここに来て改めてサートゥルナーリアの強さに関しては述べませんが、皐月賞という舞台で1倍台に推されるほど能力は抜けているのでしょうか?

 

そんなことは実際に走ってみないと分かりませんが、その未知の魅力をこのオッズで買うにはリスクの方が大きいです。

 

3着内という視点で見れば可能性は高いかもしれませんが、少なくとも単勝妙味は全くありません。

 

また、先週グランアレグリアが外厩仕上げで直行ローテを成功させましたが、ここに一つ落とし穴があります

 

牝馬にとっての最大目標は桜花賞であり、牡馬の最大目標はダービーです。

 

要するに、最大目標の桜花賞に向けて本気の仕上げで取りに来たグランアレグリアに対して、サートゥルナーリアの最大目標はダービーですから、いくら能力が高いといっても本気の仕上げはダービーなのは間違いありません。

 

よって、能力の高さはもちろん認めますが、逆らうならココだと考えております。

 

逆に、ダービーの様な純粋な瞬発力が求められる舞台では一枚足りないが、GⅠで好勝負するにはここしかないという馬もいます。

 

そんな馬を今回は狙ってみたいと思います。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ファンタジスト

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

まずこの馬を見て皆さんが最初に思ったのが「1,200mデビューの馬が2,000m持つのか?」という距離の不安だと思います。

 

その距離の不安が妙味のあるオッズを生み出しているのです。

 

前走のスプリングSで2着と負けてしまいましたが、この馬は最内枠だったにもかかわらずスタートしてすぐに外に持ち出してレースを進めました。

 

距離に不安がある馬を最初から外に出すなんてことはありえないので、武豊騎手としては距離は問題ないという判断なのだと思います。

 

そして、4コーナー前から徐々にポジションを上げて早めに動き出し、最後は位置取りの差で差し届かずでしたが、早めに進出開始してゴール前で先頭の馬に迫る脚を見せた馬ですから、距離延長はむしろプラスに働く可能性が高いという判断ができます。

 

また、武豊騎手はトライアルで賞金を持っている馬は無理に勝ちに来ることはほとんどなく、本番を見据えて脚を測る競馬をする事がほとんどなので、ここでの2着というのはむしろ上出来の結果でしょう。

 

10番人気のエメラルファイトが勝ったことによりレベルが低いと言われているスプリングSですが、朝日杯FSで馬場や展開に反して強い競馬を見せたエメラルファイトが10番人気というのがそもそもおかしいです。

 

エメラルファイトは朝日杯FSで内先行有利の馬場の中を、最後方から大外を回して上り最速の脚で6着まで追い込んできていましたし、ファンタジストに関しても14番枠から外々を回っての競馬でしたから、それでいて4着であれば悲観する内容ではないでしょう。

 

ファンタジストは瞬発力が乏しくコーナリングに長けている馬なので、直線が長い阪神外回りよりも中山内回りのコーナリングの上手さが求められるコースの方が持ち味を生かせる馬です。

 

そんな器用な馬が内枠に入る事ができたという事は、内内を上手にコーナリングする事ができるので、プラスなのは間違いないと思います。

 

後は「皐月は最も早い馬が勝つ」という格言が昔からあるのは皆さんご存知でしょうか?

 

皐月賞はかなり高速馬場になりやすいという点から、スピード能力が高い馬が好走する傾向にあるので、このような格言が作られたのだと思います。

 

ではファンタジストはどうなのかと言うと、新馬戦でディアンドルという馬に勝っていまして、このディアンドルという馬が短距離では他を寄せ付けない強さを誇っており、未勝利から4連勝という成績を残しています。

 

新馬戦とは言えそんな快速馬に勝っている訳ですから、スピードが無いという事は無いと思います。

 

また、前走のスプリングSのタイムを見てみると、皐月賞を制したロゴタイプが勝ったスプリングSと同じ1分47秒8という過去10年最速のタイムな訳ですから、スピードに関しては心配いらないでしょう。

 

 

これだけ買える材料を書き出しましたが、それでもサートゥルナーリアを始め上位人気3頭は能力が高いのは間違いないので、この馬達に適性の差でどこまで詰め寄れるかがとても楽しみですね。

 

ここで軽くダノンキングリーアドマイヤマーズに関しても触れておきたいと思いますが、ダノンキングリーは個人的には東京の長い直線がベストだと思うので、中山では買いたくないですね。

 

前々走で中山はこなしていますが、周りのその後がパッとしない結果なので、弱い相手に能力の高さだけで勝ち切ったレースだと思います。

 

馬券妙味を考えると上位3頭の中で一番軽視したいのはダノンキングリーですね。

 

逆にアドマイヤマーズは東京よりも中山の方が向いていると思いますし、前走は賞金に余裕があった中で斤量も他馬より1kg重かった事から、間違いなく皐月でパフォーマンスは上げてくるでしょう。

 

ただ、ダイワメジャー産駒というのがどうしても引っ掛かっていて、ダイワメジャー産駒は2,000m以上の重賞だとガクッと成績が落ちてしまい勝ち切れなくなってしまうので、勝ち切るという所まで考えるとファンタジストの方を上に取りたいという判断に至りました。

 

話に纏まりが無くて分かりにくかったかもしれませんが、ファンタジストは十分買える馬だという事を皆さんに少しでも理解していただけたら幸いです。

 

明日は久しぶりの現地観戦なので、いつもより予想に気合が入っております!笑

 

これでファンタジストが来てくれたら言う事無しですが、将来的に怪物になる素質を持っているサートゥルナーリアを間近で見られるというのも楽しみですね。

 

現在大阪杯を◎アルアインで的中、桜花賞を◎グランアレグリアで二連続的中と波が来ているので、良い波に乗って的中する事を祈って明日に備えたいと思います。

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事