皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第79回 桜花賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

桜花賞の血統分析予想はこちら!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

今年初のクラシック、桜花賞がやってきました!

 

今年は昨年の阪神JF勝ち馬ダノンファンタジー、朝日杯3着のグランアレグリア、阪神JF2着のクロノジェネシスと、現3歳牝馬の有力馬勢揃いのレースとなりましたね。

 

牡馬は最大目標がダービーになりますが、牝馬はオークスを目標にしている馬は少なく、基本的に桜花賞を最大目標に育成されています。

 

なので、ほとんどの馬はここを取りに来ていると見て良いでしょう。

 

という事で、純粋にこの舞台でどの馬が一番ポテンシャルを発揮できるのかを考える必要があります。

 

そこで注目しなければいけないのが本日の馬場ですね。

 

今日の阪神の馬場は例年よりも高速馬場になりつつあり、前残りが顕著な馬場になっています。

 

同舞台で行われた阪神牝馬Sが1;33.6という好タイムで、1~3着まで先行馬で決まるというトラックバイアスがかかっていたので、先行してタイム決着に対応できる馬を狙う必要があります。

 

となると、狙うはこの馬しかいませんね。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎グランアレグリア

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、この馬は新馬戦の東京1,600mで高速馬場だったとは言え1;33.6という新馬戦としてはあり得ない様なタイムを叩きだしています。

 

正直タイム勝負になったら今の3歳牝馬でこの馬の右に出る馬はいないんじゃないか?と思うくらいタイム決着には向いている馬です。

 

逃げ馬不在の今回、スローの先行有利な展開になるだろうと思いますし、枠も真ん中で丁度良い場所という事を考えれば、人気ではありますがやっぱり逆らえないかなと考えました。

 

ただ、現在のオッズがダノンファンタジーを追い抜いて1番人気の3.3倍というのはちょっと人気被りすぎているかなという気はします。

 

馬券妙味は薄いですが、先週荒れた分ここは固く収まると見てグランアレグリアから勝負したいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事