皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第37回 ニュージーランドTの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

ニュージーランドTの血統分析予想はこちら!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

NHKマイルへ向けての前哨戦であるニュージーランドT。

 

例年そこまでメンバーレベルが高いレースにはなりませんが、今年も抜けた馬不在の混戦模様ですね。

 

トリッキーなコースとして有名な中山芝1,600mですから、展開次第で紛れは十分起きる可能性はあるでしょう。

 

一番人気に推されているアガラスはルメール騎手乗り替わりでこのレースを取りに来ていることは十分に感じるのですが、あまり中山に向いている馬には感じませんし、東スポ杯組のその後が低調なのでそこまで固いレースにはならなそうな予想をしています。

 

とは言っても、他の人気馬が信頼における訳でもなく、ここは積極的に穴馬から勝負して見たいと思います。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎カルリーノ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、評価したいのがジュニアカップで2着に追い込んできたレースです。

 

このレースは1000m57.9のハイペースで流れて1,3,4着の馬が先行して粘り込んだ馬だった中で、離れた最後方から早めに仕掛け始めて猛然と追い込んできての2着でした。

 

この時の勝ち馬がファルコンSで1番人気に推されたヴァッシュモン、3着がスプリングS3着のディキシーナイトという事で、強い馬相手に強い競馬をしての惜しい2着でした。

 

その後もなかなか勝ち切れてはいませんが、瞬発力よりもスピードの持続力に長けている馬なので、フルゲートで毎年ペースが流れるこのレースの方が向いている可能性が高いと考えています。

 

中山1,600m中心に使われて大崩れしていない点もプラスかなと思います。

 

臨戦過程はお世辞にも良いとは言えませんが、だからこそ穴馬になっている訳なので、適性の高さに期待してこの馬から勝負したいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事