皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第63回 大阪杯の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

今週は仕事の都合上、血統分析予想の記事を挙げられておりませんのでご了承ください。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

アーモンドアイやレイデオロがドバイ遠征しているにもかかわらず、GⅠ馬が8頭も集結した大注目の大阪杯。

 

ここまで有力馬が揃うGⅠもそう無いのではないでしょうか?

 

ただ、残念ながら阪神は雨が降っており明日も雨予報という事なので、重馬場適性というのも考える必要があります。

 

過去の成績などを踏まえて重馬場適性が高そうなのが、内からアルアイン、エポカドーロ、キセキ、ブラストワンピース、サングレーザー辺りかなと考えていて、この中から推奨馬を挙げたいと思います。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎アルアイン

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まず昨年の大阪杯で3着とコース実績が有り、小回り急坂の皐月賞を勝っているくらいですから、この舞台はベストと言えるでしょう。

 

前走は過去最大馬体重で金鯱賞に挑み、直前での鞍上乗り替わり、外枠というマイナス様子が重なっての結果だったと思います。

 

この馬はディープ産駒にしては速い脚が使えないタイプの馬であり、500kgを超える雄大な馬体からもパワーに長けた馬だという事が分かります。

 

走法もピッチ寄りの走り方なので、重馬場というのはそこまで苦にしないでしょう。

 

また、今回レース予想をする上でキセキがどんなペースを刻むのかが重要だと思うのですが、天皇賞と同じように前半60秒くらいからの後半4F、5Fのロングスパート戦に持ち込むと見ています。

 

アルアインは持続ラップ勝負に強い馬であり、キセキが作るロングスパートの流れというのは向いていると思います。

 

枠も昨年より内枠なのでロスなく競馬を進める事ができますし、本当に単勝20倍もつくの?と疑いたくなるような人気なので、馬券妙味もたっぷりです。

 

個人的にもとても好きな馬で、過去に3回本命にして3回とも馬券内に来ています。

 

タフな流れになったら確実にパフォーマンスを発揮できると思いますし、この馬がGⅠを取れるとしたら大阪杯しかないと思うので、ここは二つ目のGⅠタイトル獲得を期待して、この馬から勝負したい思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事