高松宮記念 推奨馬 4歳新勢力よりも経験豊富な古馬を重視!

 

皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第49回 高松宮記念の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

高松宮記念の血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

春のGⅠ祭り開幕を飾る高松宮記念。

 

近年のスプリント路線はレッドファルクスやファインニードルといった馬達が引退して、王者不在の大混戦となっています。

 

そんな中で上位評価に推されているのがダノンスマッシュとモズスーパーフレア。

 

今回の展開を握るであろうモズスーパーフレアがどんな競馬をするかでレース内容はガラッと変わるでしょうし、前走の圧倒的なパフォーマンスをもし中京でも出す事ができれば十分勝ち負けでしょう。

 

しかし、そうはいかないのが中京芝1,200m。

 

1,200m戦では一番直線が長いコースとあって、直線の短い中山で逃げて勝っていても中京で同じような競馬ができる可能性は高くは無いでしょう。

 

そして、このモズスーパーフレアを目標に競馬をするであろうダノンスマッシュですが、能力は非常に高いと思います。

 

ここ二戦は京都で強い競馬をしての勝利を挙げていて、ここでも一番人気に支持されるのも頷けますね。

 

ただ、不安な点が何点かありまして、まず一つが左回りで成績が出ていない事、そして二つ目が鞍上の北村騎手が中央GⅠ未勝利という点です。

 

一つ目の左回りで成績が出ていない事に関しては、成長途上での内容なのでこなしてくる可能性は十分ありますが、問題は二つ目のGⅠ未勝利という点。

 

枠から考えても外を回すことになると思うのですが、GⅠ初勝利を挙げたいという気持ちと、速すぎるモズスーパーフレアを捕らえなければならないという気持ちから、仕掛けは速くなると思います。

 

そうなると、もちろん周りの馬も動き始めるでしょうから、自分の想定としては先行勢にかなりきつい展開になると思っています。

 

今日の馬場を見ていると、未勝利の1,200m戦で昨年の高松宮記念とほぼ変わらない1.08.6という好時計をマークしており、高速馬場になっているという事が分かります。

 

さらに、脚質で見るとほぼ先行勢が残る馬場になっているので、余計意識は前掛かりになるのではないでしょうか。

 

そうなると、必然的に差し馬の台頭が考えられるので、差し馬の中から推奨馬を挙げたいと思います。

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎レッツゴードンキ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、昨年も同じ枠からファインニードルとタイム差無しの2着になっている馬という事で、コース適性は問題ないでしょう。

 

昨年なんかは仕掛けがちょっと早すぎただけでほぼ勝ちに等しい内容でしたから、ファインニードルやレッドファルクスといった王者が引退した今、単純な比較で言うとこの馬が一番能力は高いのではないでしょうか。

 

もちろん上位人気に推されている4歳新勢力との比較はできていませんが、これだけGⅠで活躍してきた馬がまるっきり歯が立たないという事は無いでしょう。

 

前走1,400mで先行した経験から今回は楽に中団辺りを追走できると思いますし、勝ち切れない馬という評価から現在単勝10倍近いオッズがついているというのも魅力です。

 

後は個人的にとても好きな馬なので、GⅠ獲れるチャンスもあと僅かでしょうから、ここで何とかもう一つタイトルを追加してもらいたいと思います!

 

本日は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございました!

 


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事