皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第66回 毎日杯の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

毎日杯の血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

近年GⅠ馬を多数生み出している出世レースの毎日杯。

 

今年のメンバーは例年に比べるとやや物足りなさは感じるものの、ちらほらと面白そうな馬も出走していますね。

 

このレースで重要なのが、相性の良いディープ産駒をどのように扱うかだと思います。

 

今年はウーリリ、ルモンド、ダノンテイオー、ヴァンドギャルドの4頭が出走しており、ほぼ毎年と言ってもいいくらい馬券にディープ産駒が絡むので、今年も注目は必要ですね。

 

という事で、本命もこの中から挙げたいと思います。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ルモンド

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、前走の競馬が強い内容だったと考えていて、京都の1,800mで前半1,000m58,6というハイペースで流れ、掲示板に載ったのが先行した馬だらけの中で、後方から上り最速の脚で追い込んでの3着となりました。

 

しかも、京都1,800mの3歳500万で1,47,6というタイムは好タイムですので、レースレベルはまあまあ高かったのではないでしょうか。

 

二走前のサートゥルナーリアが勝った萩Sでは折り合いを欠いての自滅だったので参考外と考えると、前走しっかりと折り合いつけて好走できたのは収穫だと思います。

 

また中内田厩舎で川田騎手が新馬から継続騎乗している点もプラスと見ていて、血統をみると速い流れよりもスローからの瞬発力勝負の方が向いているようにも感じます。

 

そうなるとまた折り合いの不安は残りますが、人気馬がそこまでオッズほどの信用は置けないように思うので、中内田厩舎×川田騎手の黄金コンビを信じて推奨馬に挙げたいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事