高松宮記念 血統分析予想 ○○の血を持つ馬には気をつけろ!

 

皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第49回 高松宮記念の血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統該当馬成績
フラワーC      1着 コントラチェック
           3着 ランブリングアレー
ファルコンS     該当馬無し
阪神大賞典      1着 シャケトラ
           2着 カフジプリンス
スプリングS     該当馬無し

 

先週の血統分析予想の記事はこちら!

 

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父が短距離適性の高い非サンデー系の馬
母父も非サンデーの馬◎

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父短距離適性の高い非サンデー系の馬

スノードラゴン

★セイウンコウセイ

ダイメイフジ

ダイメイプリンセス

★ダノンスマッシュ

★ミスターメロディ

★モズスーパーフレア

★ラインスピリット

★ラブカンプー

レッツゴードンキ

★=母父非サンデー

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

スプリント戦らしくサンデーの血は重要ではない!

 

中京芝1,200mで行われる高松宮記念ですが、近年の勝ち馬の血統を見てみると父、母父ともにサンデー系ではない馬が4連勝しています。

 

理由は明確で、サンデー系の馬は前半のペースが速い前傾ラップのレースが苦手だからです。

 

基本的にスプリント戦は絶対的なスピード能力が求められるので、気性が前向きな馬が多く前半のペースが速くなることが大半を占めます。

 

特に、レースの格が上がるにつれてその傾向は強くなりますね。

 

さらに中京のコースレイアウトを見てみると、スタートしてラップが速くなりやすい2F目、3F目が下り坂になっているというのもハイペースにさせている大きな要因だと思います。

 

この様なタフな競馬になると、スローからの瞬発力勝負が持ち味のサンデー系には向かないレースになりやすいです。

 

ただ、例外としてダイワメジャー産駒やフジキセキ産駒の様なマイル以下の適性が高いサンデー系に関しては、スプリントのスピードに対応できる能力があるので注意は必要です。

 

あと血統の話で触れておきたい事が一つ。

 

日本で行われるスプリントGⅠは高松宮記念とスプリンターズSの二つがありますが、ここ近年父フォーティナイナー系の活躍が著しいです。

 

2016年 スプリンターズS レッドファルクス

2017年 高松宮記念    セイウンコウセイ

    スプリンターズS レッドファルクス

2018年 高松宮記念    ファインニードル

    スプリンターズS ファインニードル

 

2016年のスプリンターズSを皮切りに、スプリントGⅠはフォーティナイナー系の馬が5連勝するという破竹の勢いを見せつけています。

 

昨年の高松宮記念は◎ファインニードルで的中させることができましたが、今年はセイウンコウセイとラインスピリットの二頭が父フォーティナイナー系に該当します。

 

馬場が渋ればセイウンコウセイなんかは面白いと思うのですが、ラインスピリットも展開が向いたとはいえ昨年のスプリンターズSで3着に来ていますので、完全には見限れないかなと。

 

万が一ラインスピリットが頭で来てしまうなんてことがあると、とんでもない額の馬券が飛び出しそうですが、夢を見たい方はチャレンジしてみて下さい(おススメは全くしませんw)。

 

今週の他重賞の血統分析予想も参考にして下さい!

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事