日経賞 血統分析予想 スタミナ血統が必須のレース!

 

皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第67回 日経賞の血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統該当馬成績
フラワーC      1着 コントラチェック
           3着 ランブリングアレー
ファルコンS     該当馬無し
阪神大賞典      1着 シャケトラ
           2着 カフジプリンス
スプリングS     該当馬無し

 

先週の血統分析予想の記事はこちら!

 

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父か母父にトニービンかスタミナのある欧州型ノーザンダンサー系を持つ馬

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父か母父トニービン、欧州型ノーザンダンサー系

ゴーフォザサミット

チェスナットコート

ハッピーグリン

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

阪神大賞典と同じく長距離は欧州血統!

 

阪神大賞典の血統分析でも書きましたが、スタミナが求められるレースでは欧州のタフな血統というのが重要になってきます。

 

日本では特にトニービンやサドラーズウェルズ、デインヒルなんかが有名なスタミナ血統ですが、このレースでも例に漏れず相性の良い血統となっています。

 

以外なのが、中山といったらステイゴールド、ロベルトと言われることが多いこの二つの血統があまり走っていない事ですかね。

 

だからと言ってステイゴールド、ロベルトを持つ馬を割り引く必要は無いと思いますが、好走しているのはトニービンを持つハーツクライ産駒や母系にスタミナのある欧州型ノーザンダンサー系という事は押さえておきましょう!

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事