スポンサーリンク

 

皆さんこんにちはクラッツです。

 

本日は2019 第33回 ファルコンSの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統該当馬成績
中山牝馬S      1着 フロンテアクイーン
           2着 ウラヌスチャーム
フィリーズレビュー  該当馬無し
金鯱賞        2着 リスグラシュー

 

先週の血統分析予想の記事はこちら!

 

先週の推奨馬の記事はこちら!

 

今週の血統分析予想はこちら!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父米国型、特にノーザンダンサー系の馬

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父か母父米国型

イッツクール

★ジャカランダシティ

ジャパンスウェプト

スタークォーツ

★=父米国型ノーザンダンサー系

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

アメリカのスピード血統が穴を開けるレース

 

ファルコンSの大きな特徴として、中京の芝1,400mという特殊なレースで行われる上に非常にペースが速くなりやすいという特徴があります。

 

これがとても重要な特徴なのです。

 

サンデー系が得意とするスローからの瞬発力勝負が日本の主流なレースですが、ファルコンSは主流なレースと反して前半がかなり速いペースで流れて後半が遅いという競馬になりやすいです。

 

このような前傾ラップのレースで活躍するのが、スピード競馬を得意とするアメリカ血統

 

昨年も父米国型のミスターメロディとアサクサゲンキが1,2着となっており、父米国型ノーザンダンサー系はべた買いで単勝・複勝回収率ともに100%を大幅に超えています。

 

今年はジャカランダシティの一頭のみですが、人気も無さそうですし激走があっても驚けないですね!

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事