スポンサーリンク

 

皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第56回 弥生賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

チューリップ賞の血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

皐月賞トライアルである弥生賞ですが、近年はメンバーが揃わなくなって少し寂しいですね・・・。

 

今年は10頭という事で、ちょっとしたOPくらいの出走頭数になってしまいました。

 

中でも注目なのはラストドラフトとニシノデイジーでしょうか。

 

どちらも賞金は足りていますが、このメンバーに入ればやはり能力は抜けているように感じますね。

 

ではどちらを選ぶかと言うと、よりここを取りに来ていると感じる馬を選びたいと思います。

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ラストドラフト

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、前走ルメール騎手で京成杯を勝利して、賞金的にはクラシックに出走するのは問題ないでしょう。

 

ここで考えなければいけないのが、ルメール騎手は本番でサートゥルナーリアに騎乗する事が決まっているという点です。

 

普通であれば皐月賞に乗れないルメール騎手を乗せるより、本番も継続騎乗してくれる騎手を選択するのが好ましいでしょう。

 

なのに今回もルメール騎手が継続騎乗するという事は、ここを取りに来ているという想いの表れなんじゃないかなと感じました。

 

実際、スローからの瞬発力勝負になると想定した時に、ニシノデイジーよりもラストドラフトの方が向いていると思いますし、前走と同じような競馬ができればまず大崩れは無いでしょう。

 

後は、弥生賞にしてはノーザン系の馬が少ないなというのも気になっていて、ノーザン・社台お得意のレースの使い分けで、ここはラストドラフトで固いだろうという考えなのかなと思っています。

 

まあ例年固く収まりやすいレースになっているので、素直にラストドラフトを推奨馬に挙げたいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事