皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第14回 オーシャンSの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

オーシャンSの血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

高松宮記念へ向けての前哨戦であるオーシャンS。

 

今年の短距離路線は正直混沌としているといいますか、これ!という馬が少ない印象を抱いています。

 

実際に今回の出走馬を見ても、重賞勝ち馬は数える程度しかおらず、出走馬の半分を牝馬が占めているというレベルの低さ。

 

さらに付け加えると、上位人気に推されそうな馬がほぼ牝馬というちょっとカオスな出走メンバーとなっていますw

 

もちろん牝馬がダメという訳ではないのですが、トータル的に見ると牝馬より牡馬の方が成績が良いのは確かですし、特にタフなコースで有名な中山のスプリント戦にもなれば牝馬が上位独占なんてことにはならないと思います。

 

前哨戦でもあり、特別能力が抜けていると感じる馬もいませんし、ここは穴馬から狙いたいと考えました。

 

そう考えた時に、今回ポイントになるのが馬場とモズスーパーフレアの出走です。

 

中山は週中に雨が降っており、多分今日は降っていないと思いますが先週の様な高速馬場にはならないと考えています。

 

発表は良馬場になるでしょうが、やや力のいる馬場になるでしょう。

 

 

そして、特に今回考えなければいけないのがモズスーパーフレアがどれだけ飛ばして逃げるかどうかですね。

 

この馬は気性的に前に行かなきゃいけない馬ですし、同型の馬も多数いる中で外枠から勢いつけてハナを主張すれば前半3F32秒台になる事も十分考えられます。

 

それでも先週の高速馬場であれば残れたかもしれませんが、少なからず雨の影響はあるだろうと考えているので逃げ先行馬には厳しい馬場や展開になるのではと想定しています。

 

そうなった時に、パワーも持ち合わせている中山巧者のこの馬が差し飛んでくると考えました!

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎カイザーメランジュ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まず前走の中山芝1,200mで行われたサンライズSの勝ち方が秀逸でしたね。

 

32.5-35.5の前傾3秒という超ハイペースだったのですが、それを好位の後ろ6番手から競馬を進めて、直線入った時にはもう先頭に立つ勢いで差してきて余裕残しの勝利でした。

 

元々中山芝1,200mは得意にしている馬であり、高速タイム決着は苦手ですがパワーがあるので、やや時計のかかる馬場の時に一番能力を発揮できる馬だと考えています。

 

また、血統を見てもこの舞台が得意なのがよく分かるのですが、母のサクラジュレップはオーシャンSを二勝しているサクラゴスペルの全妹という血統で、中山芝1,200mの適性の高さには血統の裏付けもあります。

 

サクラゴスペルも本格化してきたのは古馬になってからですし、前走の勝ち方を見るとルメールマジックもあるかもしれませんが、本格化してきたと見ても良いと思います。

 

上位人気馬が信用ならない今回は、先物買いでカイザーメランジュから勝負したいと思います!

 

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事