皆さんこんばんはクラッツです。

 

本日は2019 第26回 チューリップ賞の血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統該当馬成績
中山記念  1着 ウインブライト
      3着 ステルヴィオ

 

先週の血統分析予想の内容が気になる方はこちらから!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父がディープ、ハーツクライ、ダイワメジャーなどの主流血統かつ母父に欧州血統

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父が主流血統、母父欧州血統

シェーングランツ

シゲルピンクダイヤ

シャドウディーヴァ

ダノンファンタジー

ノーブルスコア

メイショウショウブ

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

この時期の阪神芝1,600mは坂+冬の馬場で力のいる馬場に!

 

阪神JF、チューリップ賞、桜花賞と2,3歳牝馬の王道コースとも言える阪神芝1,600mですが、直線の上がりがより重要視される舞台です。

 

上記のレースを遡って見ると分かりやすいのですが、ほとんどが差し追い込みで決まっているレースが多く、特に上り3Fが速い馬が好走しやすい傾向にあります。

 

直線が長いうえにゴール前の急坂が待ち構えているコースという事で、逃げ先行馬にはきついコースと言えるでしょう。

 

また、冬時期は芝の発育が遅く、そもそも阪神の芝は開催時期の影響で力のいる馬場になりやすい傾向にもあるので、直線の瞬発力と急坂や力のいる馬場に対応できるパワーも求められます。

 

血統で見てみると、圧倒的に父サンデー系の馬が好走している傾向にあり、中でも母父にヨーロッパ血統が入っている馬の好走が目立ちます。

 

過去10年の勝ち馬を父サンデー系に絞ると7頭該当し、その中で母父欧州血統の馬は7頭中6頭該当していますので、この血統の組み合わせには要注目です!

 

今年はダノンファンタジーやシェーングランツといった有力馬が上記の血統に該当しており、能力的にもこの二頭でしょうがないのかなーという感じがしています。

 

まあここは素直に阪神JFの上位入線組を評価すべきでしょう。

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事