ダイヤモンドS 血統分析予想 長距離は欧州の重厚な血統に注目!

 

皆さんこんばんはクラッツです。

 

本日は2019 第59回 ダイヤモンドSの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統該当馬成績
クイーンC  1着 クロノジェネシス
      2着 ビーチサンバ
共同通信杯 1着 ダノンキングリー
      2着 アドマイヤマーズ
京都記念  2着 ステイフーリッシュ
      3着 マカヒキ

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
母に欧州の長距離血統(サドラーズウェルズ、ニジンスキーなど)を持っている馬

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

母に欧州の長距離血統

グローブシアター

サイモンラムセス

サンディームーティエ

シホウ

ピッツバーグ

ブライトバローズ

ユーキャンスマイル

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

ステイヤーズSに次ぐ日本で二番目に長いレース!

 

ダイヤモンドSは東京芝3,400mという長距離レースであり、中山芝3,600mで行われるステイヤーズSに次ぐ日本で二番目に長いレースとなっています。

 

日本競馬は長距離馬の生産はメインではないので、長距離のレース数自体少ない傾向にありますね。

 

レース数が少ないという事は、もちろん長距離を得意とする馬も少ないという事なので、比較的メンバーレベルは落ちやすい傾向にあります。

 

今年のメンバーを見ると、重賞勝ち馬はウインテンダネスとルミナスウォリアーの二頭のみであり、条件戦上がりの馬も多く出走します。

 

その中からスタミナを豊富に持っていそうな馬を見つけられるかどうかがポイントになりそうですね。

 

個人的に長距離戦はとても好きなのですが、今回は上位人気の馬の能力が抜けているように感じますので、馬券的にはどうなのかなーという所でしょうか。

 

血統的には豊富なスタミナを伝える欧州血統に注目!

 

サドラーズウェルズニジンスキーなどのスタミナを伝える血統を持つ馬が好走している傾向にあります。

 

上位人気に支持されそうなユーキャンスマイルやグローブシアターも長距離適性の高い血統を持っているので、ここは大崩れはなさそうな気はしています。

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事