皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第112回 京都記念の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

京都記念の血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

毎年好メンバーが揃う京都記念ですが、今年はやや全体的に能力がイマイチな馬が集まったというか、旬を過ぎた馬が多いというか、GⅡにしてはレベルが低いメンバー構成のように感じます。

 

かなり人気も割れていますし、正直どの馬も前向きな迷いじゃなく後ろ向きな迷いで選ぶのに困っちゃいますよねw

 

どれもこれも今一つ足りない馬だらけで悩みましたが、今回は馬場適性の高さで推奨馬を選びました!

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎ノーブルマーズ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

この馬は速い上りが使えないタイプの馬で、好走パターンは先行して粘り込む競馬なのですが、今の京都の馬場に一番適している脚質だと思います。

 

今日の京都の芝を見てみると、勝ち馬のほとんどが3,4番手で競馬をしていた馬であり、上りも35秒前後の時計でした。

 

この馬は速い脚が使えないので、なかなか勝ち身に遅い馬ではあるのですが、今回のメンバー構成であれば勝っても不思議ありません。

 

昨年の目黒記念宝塚記念と重賞で好走した実績を持ち、その後の秋の二戦は結果が伴いませんでしたが、状態があまり良くなかったみたいなので、度外視で良いかと思います。

 

元々使って良くなるタイプの馬であり、今回が叩き2戦目。

 

同型の馬も少なく、楽に先行して自分の競馬ができれば初の重賞制覇も十分にあり得ると思います。

 

あとは、どうしてもこのタイプの馬は決め手がなく周りの展開によって左右されやすいので、デビューからずっと乗り続けている高倉騎手がこの馬の良い所を存分に発揮できることを祈って、この馬を推奨馬に挙げ得たいと思います。

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事