皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第53回 共同通信杯の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

共同通信杯の血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

推奨馬

近年、ここを勝利した馬が皐月賞でも好走する事から注目の前哨戦として楽しみにしていたレースですが、今年はなんと7頭立てという小頭数でのレースとなりました。

 

近年はノーザンファームの使い分けとかが見え隠れする事が多いのですが、共同通信杯はモロにその傾向が出てきましたね。

 

ノーザンファーム生産馬がアドマイヤマーズとクラージュゲリエの二頭のみという事ですが、どちらも賞金には余裕がある為、ここを取りに来る仕上げはしていないでしょう。

 

多分ですが、皐月、ダービーを見越して今のうちから東上経験をさせたいというのが一番の目的だと思うので、人気もするでしょうし、ここは積極的に買いたくないですよね。

 

また、今日は雪によって東京競馬が代替開催となった為、今の馬場がどうなっているかが分からないというのも悩ませるポイントですね。

 

良馬場であればダノンキングリーやフォッサマグナ辺りを中心に考えるべきだと思いますが、今回は馬場悪化すると予想してこの馬を推奨したいと思います。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ナイママ

 

 

 

にしたいと思います。

 

この馬は門別競馬で早くからデビューして、札幌では東スポ杯2着のアガラスやホープフル3着のニシノデイジーと差のない競馬を繰り広げました。

 

札幌は洋芝を使用していることはご存知の方も多いと思いますが、洋芝で高いパフォーマンス出せるという事は重馬場でも能力を発揮できる可能性が高いという事が分かります。

 

好走した札幌2歳では上がり37秒というスタミナが問われるレースでの好走であり、上がりのかかる競馬になれば小頭数でもありチャンスはあるのかなと考えています。

 

血統的にも牝系にジャングルポケットブライアンズタイムという事で、早い上りのレースは苦手で力のいる馬場で能力を発揮できる血統だと思います。

 

ただ、案外馬場が悪化しておらずそれなりに速い上りが出る馬場であれば、正直ナイママには厳しいと思いますので、当日の馬場は要チェックですね。

 

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事