皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第54回 クイーンCの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

クイーンCの血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

例年ほぼフルゲートになるクイーンCですが、今年は9頭となんとも寂しいレースとなりました・・・。

 

共同通信杯も7頭と非常に小頭数でのレースとなり、現代競馬特有のノーザンファームの使い分けが露骨に出る形となりました。

 

まあ今年のクイーンCのメンバーを見ると、阪神JFの2,3着馬のクロノジェネシスとビーチサンバが出走するという事で、他の有力馬が出走してこないのも頷けますね。

 

現状、阪神JFの4着馬までは能力は抜けていると思いますし、普通にレースすればこの二頭が馬券を外すことは無いと思います。

 

しかも、わざわざ桜花賞前に東上してくる訳なので、それなりに本気度合いも強いのではないでしょうか。

 

ただ、今回は普通のレースにはなりそうにないというのが一番の懸念点。

 

明日は今年一番の冷え込み+東京でも雪が降るという事で、馬場悪化は避けられないと思います。

 

そうなると、能力よりも馬場適性に焦点を当てて推奨馬を選ぶ必要があるのかなと思っています。

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎ジョディー

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

何故この馬の重馬場適性が高いと考えたかというと、まずダイワメジャー産駒は重馬場の鬼と言われるほど馬場悪化した時の成績が良く、一昨年の重馬場で行われた桜花賞で単勝40倍で勝利したレーヌミノルもダイワメジャー産駒でしたね。

 

ダイワメジャー産駒は早い上りが使えない代わりに非常に筋肉質な馬体をしている馬が多く、パワーがいる馬場は得意なのかなと考えています。

 

また、牝系の血統を見ると母父にMonsunというドイツの名血を持ち、母母父にはこれまた重馬場の鬼と言われたサドラーズウェルズを持つ重厚な配合となっています。

 

ダイワメジャーに重厚な欧州血統の配合という事で、いかにも速い上りが使えない血統ですが、そのままの通り早い上りの競馬は苦手としています。

 

という事は、重馬場になって上がりのかかるレースになれば力を発揮できる可能性は高いでしょうし、これだけ重馬場が得意な血統を持っているのであれば、狙う価値はあるのかなと。

 

しかも東京1,600mは2戦2勝であり、どちらも逃げて結果を出しているのですが、今回も小頭数で展開的に恵まれそうですし、自分のペースで逃げる事ができれば頭まであっても驚けません。

 

前走の阪神JFは、好スタートを決めたのですが直後に隣の馬と接触し中団からの競馬になったのが一番の敗因だと思います。

 

現在の推定人気がブービー人気ということに正直びっくりしていて、前々から注目していた馬だけに、馬場悪化でこの馬の急浮上に賭けてみたいと思います!

 

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事