きさらぎ賞 血統分析予想 父のスタミナが重要なレース!

 

皆さんこんばんはクラッツです。

 

本日は2019 第59回 きさらぎ賞の血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統該当馬成績
愛知杯 該当馬無し
根岸S  3着 クインズサターン
シルクロードS 該当馬無し

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

注目血統
父が中長距離GⅠを勝利しているサンデー系の種牡馬

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父中長距離GⅠ馬・サンデー系

ヴァンドギャルド

エングレーバー

タガノディアマンテ

ダノンチェイサー

メイショウテンゲン

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

京都1,800mはサンデーの瞬発力が必須!

京都1,800mはスタートから3コーナーまで約900mと長く、先行争いが激しくなることは少ないコースです。

 

また、外回りコースという事で最後の直線も長く、基本的には紛れの少ない瞬発力勝負になるレースが多いですね。

 

血統的にはサンデー系がとにかく強く、平場を通して見てもディープ、マンハッタンカフェが抜けて上位成績になっています。

 

実力がモロに出るコースであり小頭数という事を考えると、まあ正直このレースは荒れる気がしないですねw

 

馬券的にはそこまで勝負したいレースではないのですが、アガラスとヴァンドギャルドの東スポ組がどんな競馬をするのかが純粋に楽しみです。

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事