皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第33回 根岸Sの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

根岸Sの血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

末脚の速さが問われる珍しいダート戦である根岸S。

 

東京ダート1,400mはコース形態もさることながら、冬場は凍結防止剤が撒かれることによってさらに差し馬に有利な馬場になりやすいです。

 

今回の出走馬を見た時に、一番合いそうだなと感じたのがサンライズノヴァ。

 

東京ダート1,400m、1,600mに的を絞って使われてきた成績を見ればわかるように、この舞台は非常に得意な舞台でしょう。

 

レースの質にも合っていると思いますし、まあ普通に有力な一頭だと思います。

 

しかし、今回はこの馬よりも上位に取りたい馬がいるので、その馬を推奨馬に挙げたいと思います。

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎クインズサターン

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、前々走の武蔵野Sが一番のポイントですね。

 

この馬は勝ち馬のサンライズノヴァに次ぐ2着だったわけですが、その時の上がりの速さはコンマ1秒しか違わないですし、今回は斤量がサンライズノヴァより1キロ軽くなります。

 

そしてサンライズノヴァは賞金が足りている為、次走がメイチなのは間違いないと思うのですが、クインズサターンは2,3着続きで十分に収得賞金が足りない状況なので、フェブラリースSに出走する為にもしっかりとここで賞金加算したい身だと思います。

 

正直最内枠というのはあまり歓迎ではないと思いますが、結局後ろから外を回す馬なのでそこまで気にする必要は無いのかなと考えています。

 

血統的には東京ダート1,400mへの距離短縮は問題ないどころかプラスに働く可能性もあると考えていますし、それでいて10倍前後のオッズがつけば十分勝負できると思います。

 

6歳馬ではありますが初重賞制覇を願って、この馬で勝負したいと思います!

 

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事