皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第56回 愛知杯の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

愛知杯の血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

 

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

推奨馬

冬に行われる牝馬限定のハンデ戦と聞くだけで、荒れるレースだなーというのが分かると思います。

 

夏のローカル重賞で行われる牝馬限定戦でも同じことが言えますが、能力だけでなく調子だったり勢いだったりが影響する事が多いので、難しい・・・。

 

しかし、今年の愛知杯は例年と比べ出走メンバーのレベルが格段に上がっているように感じており、中でもノーザンファーム生産馬がとても多く出走しています。
その辺りに着目して今回の推奨馬を選びました。

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ノームコア

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まずメンバーレベルを見た時に間違いなくこの馬の能力が一枚抜けていると感じますし、わざわざこの時期にルメール騎手を配して出走してくるという所が一番の注目ポイントです。

 

今後GⅠで戦うと考えた時に、若干収得賞金が少ないためレース選択に迷う可能性が出てきます。

 

そもそもノーザンファームの有力馬がこの時期の重賞に出てくるという事は、GⅠへの叩きではなく確実に賞金を取りに来ているという思考の表れだと思います。

 

しかも、わざわざルメール騎手がこの馬に騎乗しに来るわけですから、ノーザンファームの使い分けという点でも重要視すべき馬だと思います。

 

土曜日のルメール騎手の騎乗馬を見てみると、ノーザンファーム生産馬はノームコア一頭のみです。

 

基本的に関東で騎乗する機会が多いルメール騎手が、ノームコアの為に中京へ騎乗しに来ているという事が分かると思いますし、それでいてハンデ戦という事が嫌われて3倍前後のオッズもつくでしょう。

 

血統的にも父ハービンジャーで母にサンデーの血を持っており、中京の舞台は合っていると思いますので、今回はノームコアで勝負したいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事