東海S 推奨馬 インティは軽視?この馬にチャンスあり!

 

皆さんこんばんは。クラッツです。

 

本日は2019年 第36回 東海Sの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

本日は時間の都合上、推奨馬のみとさせていただきますので、ご了承ください。

 

東海Sの血統分析予想についての記事も書いてありますので、こちらも参考にしてください。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

推奨馬

このレースの予想で一番重要なのはインティの扱いでしょう。

 

目下5連勝と勢いに乗っているインティですが、その全てのレースで何馬身も差をつける圧勝ですから、準オープン勝ちとは言え人気するのは当たり前ですよね。

 

ただ、それにしても人気し過ぎです。笑

 

ダート路線は上級条件の層がかなり厚いので、基本的には初重賞や初オープンとかで信用しすぎてはいけないと考えています。

 

芝に比べて足元の負担が少ない分、古馬が長く活躍しやすいので簡単に勢力図を塗り替える事は出来ないんですよね。

 

また、重賞ともなればペースもきつくなりますしこれだけ人気をかぶっていれば競りかけて潰しに来る馬もいるでしょう。

 

そのプレッシャーを跳ねのけて自分の能力を出し切る事ができればここでも十分通用する能力はあると思いますが、いかんせん今までの競馬が楽過ぎたので、案外揉まれ弱いなんて可能性もあり得るかなと。

 

なんとなく、圧勝か馬券外か、ピンかパーかみたいな馬だと思います。

 

では、そんな中どの馬を推奨馬に挙げるかというと

 

 

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎チュウワウィザード

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、レース展開を考えた時にインティの外にアンジュデジールがいるというのが一つポイントかなと。

 

アンジュデジールは前走チャンピオンズカップで4着と好走しており、古馬相手でも戦える素質を見せつけた訳ですが、同タイプのインティと同じペースで走っていくとは考えにくいんですよね。

 

スローで直線を迎えると多分インティが止まらずに行ってしまうので、早めに競りかけてプレッシャーをかけるレースをしてくるのではないかなと考えています。

 

そうなれば自然とペースは速くなり差し馬にチャンスが生まれてくる訳なのですが、インで脚を溜められる絶好枠に入ったチュウワウィザードに展開が向くのではないかなと。

 

前走は地方の長距離重賞でしたが、インで逃げ馬の後ろをぴったりマークして進み、直線外に出しての完勝でした。

 

また、4走前の麒麟山特別では最内を差しての勝利ということで、インを抜けてこれるメンタルの強さを持ち合わせています。

 

中京ダート1,800mはコーナーが急であり、4コーナーで差し馬が外を回すとまず届かなくなってしまうので、インで脚を溜めて直線インを突くか外に出して追い出すのが勝ちパターンです。

 

チュウワウィザードならそのどちらでも可能ですし、この枠ならそれなりのポジションも取れるでしょう。

 

何よりも、明け4歳世代のダート馬はかなりレベルが高く、この馬はまだ馬券外に飛んだことが無いという能力の高さも見せつけています。

 

展開利や能力の高さを評価してこの馬から勝負したいと思います!

 

本日は以上です。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事