AJCC 血統分析予想 4年連続馬券に絡んでいる○○の血を狙え!

 

皆さんこんばんはクラッツです。

 

本日は2019 第60回 AJCCの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

先週の血統該当馬成績
フェアリーS 2着 ホウオウカトリーヌ
日経新春杯 2着 ルックトゥワイス
京成杯 2着 ランフォザローゼス

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

注目血統
ロベルトの血を持つ馬が4年連続馬券内!

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

 

該当馬

アクションスター

ジェネラーレウーノ

マイネルミラノ

メートルダール

 

以上の馬は要注目です!
スポンサーリンク

中山でロベルトの血が騒ぐ!

 

中山でロベルトの血が大活躍なのは血統に興味がある方であれば聞いたことがあると思うのですが、例にもれずこのレースでもロベルト持ちの馬が毎年好走しています。

 

2018 マイネルミラノ 8番人気 3着

2017 ゼーヴィント 1番人気 2着

2016 スーパームーン 3番人気 2着

2015 ミトラ 7番人気 2着

 

2014年に行われた馬場改修以降に開催されたAJCCでは、毎年馬券内にロベルトの血を持つ馬が馬券に絡んでいることが分かります。

 

馬場改修前から中山ではロベルトの血を持つ馬が好走する事が多かったのですが、馬場改修後も変わらず要注目の血統ですね!

 

スポンサーリンク

上位人気予想3頭の評価

フィエールマン

 

父 ディープインパクト

母父 Green Tune

 

父は言わずと知れたディープインパクト、母父は芝1,600mGⅠ仏2000ギニーの勝ち馬で、マイル付近で活躍していた馬です。

 

母のリュヌドールも芝2,000mのGⅠを勝利している良血馬であり、フィエールマン自身は鋭い瞬発力が持ち味の馬に成長しています。

 

血統的には特別割り引く所は無いのですが、この馬の脚質に中山芝2,200mという舞台はどうなのかな?というのが気になりますね。

 

どういう事かというと、中山芝2,200mは外回りというコース形態上、前半1,000mを過ぎた辺りから下り坂でペースが上がりやすく持続ラップを刻むことが多い為、瞬発力が持ち味のこの馬には合わないような気がしています。

 

また、今回はジェネラーレウーノというロングスパートに長けている馬が出走してくるので、能力の高さでカバーできるかがポイントではないでしょうか。

 

前走はドスローからの瞬発力勝負という特殊なレースとなった菊花賞を勝利しての参戦ですが、疑いの余地はあるのかなという印象ですね。

 

ジェネラーレウーノ

 

父 スクリーンヒーロー

母父 ロックオブジブラルタル

 

父は中山得意なグラスワンダー産駒のスクリーンヒーローでロベルト持ち、母父はデインヒル産駒のロックオブジブラルタルで芝1,600mを中心にイギリスとフランスのGⅠ7連勝という素晴らしい記録を残した実績馬です。

 

デインヒルの血を持つ馬はスタミナとパワーに長けている馬が多く、父スクリーンヒーローとの配合から中山適性の高さが伺えますね。

 

現に、中山では4戦3勝3着1回であり、同舞台のセントライト記念でも強い勝ち方を見せています。

 

また、スクリーンヒーロー産駒はゴールドアクターやモーリスの様に古馬になってから実力を発揮する特徴があるので、さらに強くなっている可能性も十分に考えられますね。

 

個人的には有馬記念に出走してほしいなと昨年考えていた馬なので、今年はこの願いが叶ってくれると嬉しいですw

 

ダンビュライト

 

父 ルーラーシップ

母父 サンデーサイレンス

 

父のルーラーシップはキンカメ産駒であり、キングマンボの血を持つ馬という事で中山は苦手という事は無いと思うのですが、トニービンの血を持っているので、本質的には東京の様な直線の長い大箱コースが良いのかなと。

 

ただこの馬に関しては、瞬発力に乏しくパワーとコーナーを回る器用さが持ち味の馬だと思うので、コーナーがきつく急坂のある中山や阪神内回り向きの馬だと考えています。

 

昨年のAJCCの勝ち馬でもあり、中山は4戦して全て馬券内ですから、中山の舞台は合っているでしょう。

 

しかし、4歳秋から気性の激しさが目立つようになり、オールカマーとチャレンジカップではスタート出遅れ、天皇賞では放馬してしまうという事件がありました。

 

ルーラーシップ自身気性の荒い馬であり、同産駒のキセキなんかも菊花賞の後は気性が荒くなって暴走するレースが多かったですよね。

 

ダンビュライトも父の気性の荒さが最近は目につくようになってきたので、その辺りが修正できていればここでも勝ち負けしておかしくないとは思うのですが、当日の気配を確認してから購入した方が良いでしょう

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事