シンザン記念 推奨馬 レースレベルを重視してこの馬から勝負!

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2019 第53回 シンザン記念の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

最近は出世レースとして注目されているシンザン記念。

 

昨年はここをアーモンドアイが制しており、過去にはミッキーアイルやジェンティルドンナといったGⅠ馬がここで勝利を挙げています。

 

今年のメンバーを見ると、ちょっと小粒な感じは否めませんが、馬券的には拮抗しているオッズなので面白そうな一戦かなと考えています。

 

今年は初重賞の中山金杯を◎ウインブライトで見事的中する事ができたので、勢いそのままにシンザン記念も的中させたいと思います!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の京都の馬場ですが、開幕週のAコース変わりでエアレーションなどの馬場を柔らかくする作業が本馬場には行われていないという事で、普通に内の先行馬が止まりにくい馬場でしたね。

 

勝ち馬の4コーナー通過順を見ると、ほぼ5番手以内で回ってきている馬で決まっており、全体の着順を見ても馬券になるのは一桁通過順の馬に限られるのかなと思います。

 

個人的に注目しているのは、昨秋から続いている傾向なのですが、京都にしては上りがかかる馬場になっているという点ですね。

 

勝ち馬の上がり3Fを見てみると、平均で35秒前半と上がりのかかる馬場となっています。

 

冬時期という事もあるのでしょうが、力のいる馬場が得意な馬を選ぶ必要があるのかなと考えています。

 

レース展開

今回の出走馬を見てみると逃げ馬といった逃げ馬不在のレースであり、過去走からニホンピロヘンソン辺りが逃げそうではありますが、ペースはスローに落ち着くと思います。

 

今日の前残りの馬場を考えると、先行できるアドバンテージは大きいのかなと考えてはいるのですが、各馬それなりにポジションを取ってきそうな感じがしていて、どんな隊列になるのかが予想しにくいですね。

 

内の方が伸びるのは間違いないので、ポジションが予想しにくいのであれば、素直に内枠でポジションを取れそうな馬が良いのかなと考えています。

 

今の馬場で外を回しすぎると届かない可能性が高いと考えているので、先行馬だったり馬群を捌けそうな馬を選びたいと思います。

 

スポンサーリンク

推奨馬

馬場傾向やレース展開を考えた上で、やはり内で先行できる馬が有利なのかなと考えています。

 

とは言っても、まだ気性も落ち着かずポジションもどこを取れるか分からないので、この時期の馬であればそこまで気にしなくても良いのかなと。

 

となれば、元から内で競馬ができる内枠の馬から入ってみたいと考えています。

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

◎ハッピーアワー

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、前走のデイリー杯2歳Sの競馬振りを高く評価しました。

 

前走の1,2着馬は道中1,2番手と先行しての結果で、ハッピーアワーは出遅れてほぼ最後方からの競馬で3着でした。

 

ペースはマイル戦で1,000m通過が61,5とドスロー、4着は3番手で競馬をしている馬という事で、完全に前残りの競馬だった中で後方から差し込んできた所を評価したいと思います。

 

また、その時の勝ち馬が朝日杯フューチュリティステークスを勝利したアドマイヤマーズという事で、不利な展開の中アドマイヤマーズと0.5秒差の競馬であれば、実力はこのメンバー内でも上と見て良いでしょう。

 

今の上がりのかかる馬場というのも、ハービンジャー産駒であり札幌の洋芝をこなしているこの馬にはプラスに働くと思っています。

 

ただ今の馬場で前走の様に出遅れて外を回す競馬だと届かないと思うので、京都のインを突くか前々走の様に馬群をぬって競馬をしてほしいですね。

 

人気も3,4番人気で落ち着きそうですし、期待値は高いと考えこの馬で勝負したいと思います!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!



最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事