皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第63回 有馬記念の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

とうとうやってきました、一年を締めくくるグランプリレース、有馬記念!

 

各馬様々な思いを乗せて有馬記念を迎える訳ですが、この有馬記念という舞台は本当にたくさんのドラマが起きる舞台ですよね。

 

私はまだ競馬歴が浅いので、昔の事は映像でしか分かりませんが、昨年はキタサンブラックが引退の花道を飾り、一昨年はサトノダイヤモンドがキタサンブラックと人気を最後の最後まで激闘を演じたりと、ここ数年でもとても内容の濃い有馬記念が思い浮かばれます。

 

個人的には、一昨年の有馬記念でサトノダイヤモンドを本命にして単勝5万くらい買った記憶がありまして、最後の最後にキタサンブラックを交わした時の事を今でも鮮明に覚えています。

 

そのサトノダイヤモンドも今回で見納めという事で、とても感慨深いものがありますね。

 

もちろん、サトノダイヤモンドが有終の美を飾る姿を見たい気持ちは十分にありますが、果たしてどうなるでしょうか。

 

 

今年もあなたの、そして私の夢が走ります。

 

私の夢は・・・あの馬です!

 

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第63回 有馬記念 血統分析予想 これだけは押さえておきたい血統教えます!

2018 第63回 有馬記念 枠順発表後の全頭評価 気になる穴馬も紹介!

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の中山の馬場ですが、やや小雨が降っていたのもあってか上りがかかる馬場になっていました。

 

上がり3Fは勝ち馬のほとんどが35秒後半の上がりで、基本的には先行している馬が残る馬場になっていました。

 

ただ、最内は見た目にも荒れてきており、実際に最後伸びていた場所も内から3,4頭分外の辺りでした。

 

あと気になる所としては、馬券になった馬のほとんどが真ん中から外の枠なんですよね。

 

去年なんかは完全に内の先行有利の馬場でしたが、今年は案外ちょい外くらいの馬場を通れた方が良いのかもしれません。

 

後は、馬場が回復した明日の馬場がどうなるのか、しっかりとチェックする必要がありますね!

 

 

レース展開

このレース展開をどう読み取るかが、一番のポイントとなりそうです。

 

スタート次第ではありますが、基本的にはキセキが引っ張る展開になるんだろうなと考えています。

 

キセキが逃げると考えた時に、この馬が刻むペースは前半スローの後半早めの持続力勝負に持ち込むと考えています。

 

天皇賞・秋、JC共に前半1,000mはスローから平均ぐらいのペースで、後半はギアを上げて後続に脚を使わせる持続力勝負に持ち込む競馬をしています。

 

今回は外枠に入った事で、外から前に出しに行った結果、前半のペースが流れる可能性というのも考えられますが、基本的にはスローから持続力勝負になるのではと考えています。

 

後は、内に入ったオジュウチョウサンとクリンチャーがどんな競馬をしてくるのかも、レース展開に大きく影響してくると思うので、そこの動きにも注目ですね。

 

その様な展開になると考えた時に、多分先行馬は早めにキセキにロングスパートをかけに行くのではと考えています。

 

特にオジュウチョウサンなんかは、直線の瞬発力は無いでしょうから、スタミナを活かして早めに動き出すのではないでしょうか。

 

今回は有力所の先行馬が内に固まって入っているので、早めに前を捕まえに行く展開になった時にもしかすると後ろから差し馬が差してくる流れになるかもしれません。

 

とにかく言える事は、スローの瞬発力勝負にはならないだろうという所ですかね。

 

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

 

今回推奨馬を挙げるに至って、どの馬を挙げるのか非常に悩みました。

 

「内枠の先行馬にしようかな」

とか

「やっぱり好きな馬にしようかな」

とか

「大穴から行こうかな」

とかとか

 

様々な事を考えました。

 

 

自分の思いとしては、大好きな馬であるオジュウチョウサンとサトノダイヤモンドを買いたいなという思いはあります。

 

ただ、この二頭が勝ち切るにはかなり展開が向かないと厳しいと思うので、流石にブログで推奨馬には挙げられないよねというのが本音です。

 

 

そして、最終的に出した決断は、初志貫徹です。

 

 

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎レイデオロ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

この馬は、天皇賞・秋の予想の時点から有馬記念向きの馬だと評価している馬で、有馬記念では絶対買いたいなと考えていました。

 

この馬の評価の詳細は全頭評価の記事を読んでいただきたいと思うのですが、有馬記念を予想する上でよく聞かれるのが、今年一年の競馬を表す結果になるという事です。

 

今年の競馬はどんな一年だったかと聞かれたときに、私は「ノーザンファームの使い分け」と「外国人騎手」だと答えます。

 

これに関しては皆さんも納得いただけると思いますが、今年はノーザンファームの外国人騎手を買わないとGⅠは当たらないような年でした。

 

その要因となった代表格がルメール騎手なわけですが、「ルメールファースト」なんて言葉ができてしまうくらい、ノーザンファームの使い分けとルメール騎手の使い分けが目立った年でした。

 

今回のレイデオロはまさしく今年一年の競馬を表していると思います。

 

レイデオロは昨年のJCに出走して2着と負けてしまったのですが、普通であれば今年はリベンジでJCに出走すると思うんです。

 

東京で走る馬を作るのが得意な藤沢先生ですし、本当はJCに出走したかったと思うのですが、そこでノーザンファームとルメール騎手の使い分けというのが起きました。

 

そう、アーモンドアイの存在ですね。

 

このアーモンドアイの存在によって、天皇賞の後にJCを使わずに有馬記念へ直行するローテを取る事になりました。

 

ただ、結果的にJCはワールドレコードの超高速ラップのレースになったので、レイデオロには厳しい展開だったと思います。

 

そのJCに出なかったことで、今回体力を温存する事ができたのが一番良かったのかなと思います。

 

レイデオロはこれまた今年のトレンドであるノーザンファーム天栄へ短期放牧して有馬記念へ挑むわけであり、状態面に関しては何の心配もいらないでしょう。

 

能力の高さも1,2を争うほどであり、有馬記念の方が向いていると思っていた馬なので、ここは素直に推奨馬に挙げたいなと思います。

 

オッズも1倍台かなと思っていましたが、周りの単勝が売れているおかげで2倍は付きそうな感じなので。

 

正直期待値という所では足りませんが、有馬記念は自分が買いたい馬を買って楽しむのが一番だと思うので、今回は一番人気ですが、レイデオロから買いたいと思います!

 

平成最後の有馬記念、皆さんで楽しみましょう!

 

 

 

最後に、有馬記念で狙いたい穴馬をブログランキングの方に載せておきますので、気になる方は下のバナーをクリックしてください!

 

今回オッズを見て一番驚いたのが、枠の力はすごいなーという点です。

 

想定オッズと現オッズの歪みが凄すぎて、このオッズなら積極的に買いたいくらいの馬です。

 

この人気であれば必ず馬券の相手には押さえておきたい馬です!


最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事