皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第13回 阪神カップの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

有馬記念前日に行われる阪神カップですが、GⅡにしては賞金が高いという所もあって毎年それなりの実績馬が出走してくるレベルの高いレースです。

 

今年もGⅠ馬5頭出走という事で、有馬記念の前哨戦としては非常に面白い一戦なのかなと思います。

 

今回は時間の都合上、推奨馬のみのご紹介となりますのでご了承ください。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第13回 阪神カップ 血統分析予想 これだけは知っておきたい注目血統

 

 

スポンサーリンク

レース予想

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

阪神芝1,400mは血統分析の所でも書いたのですが、1,400mのスペシャリストが走りやすい特殊なコースの一つです。

 

しかも、今週は雨予報みたいなので、馬場も重くなる可能性が高いと。

 

明日の馬場を見てみないと分かりませんが、例年の傾向も含めると荒れる可能性は十分にありそうです。

 

また一番のポイントは、ほとんどの人気馬が後方から競馬をする馬で先行馬が非常に少ないという点ですね。

 

となると、後方一気の馬は馬場や展開的に厳しくなる可能性が高く、ある程度前で競馬ができて上がりのかかる展開が得意な馬を選んでみたいかなと思っています。

 

[the_ad id=”270″]

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎シュウジ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、一昨年の阪神カップの勝ち馬という事で、コース適性に問題は無いです。

 

一昨年の阪神カップを見てみると、稍重で上りのかかる馬場という点で明日の馬場と同様の馬場になる可能性があります。

 

ただ、その後なかなか結果が出ておらず、ピークが過ぎたという見方もできるのですが、一番の成績不振の原因は気性の荒さだと思います。

 

今まで様々な騎手が後方から競馬したり逃げてみたりと試行錯誤してきたのですが、全く結果が伴っていませんでした。

 

ただ、ここ最近は比較的折り合いがつく様になってきており、着順は伴っていませんが着差は0.2、0.3秒差と大きく負けていませんし、上がりもやや早めのレースだったので、馬場が重くなるであろう今回は一発狙う価値はあるのかなと。

 

前走は長期休養明けで58kgを背負って0.2秒差の4着と、そこまで悲観的な内容ではありません。

 

先行馬が少なく、ある程度のポジションは取れるでしょうし、後方から競馬をする人気馬に比べれば断然展開利を受けることができると思うので、今回はこの馬で勝負したいと思います!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事