2018 第63回 有馬記念 枠順発表後の全頭評価 気になる穴馬も紹介!

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第63回 有馬記念の枠順発表後の全頭評価をお届けしていきたいと思います。

 

今年も早いもので、一年の終わりを告げる有馬記念がやってきました。

 

やっぱり有馬記念になると普段と違うワクワクがあると言いますか、お祭りみたいな感覚になりますよね!

 

普段競馬をやらない人もこぞって参加する有馬記念ですから、少しでも役に立つ情報を皆さんにお届けできるようにしっかりと評価していきたいと思います。

 

多分、かなりの長文になると思いますが、めげずにお付き合いくださいw

 

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

中山競馬場の特徴・傾向

2018 第63回 有馬記念 血統分析予想 これだけは押さえておきたい血統教えます!

2017 第62回 有馬記念 枠順発表後の見解

2017 第62回 有馬記念 推奨馬

2017 第62回 有馬記念 レース回顧

 

 

スポンサーリンク

全頭評価

オジュウチョウサン

前走:南部特別1着

まずは今年の有馬記念で一番注目を浴びている馬と言っても過言ではないオジュウチョウサンです。

 

ほんと武豊騎手はくじ運が強くて、有馬記念で3年連続内枠を引き当てる強運を見せてきました。

 

なんとなく1枠1番に入りそうだなーと思っていたら、本当に入ったので笑いましたねw

 

皆さんが気になっているのはこの馬が果たしてここでも通用するのかどうかだと思いますが、正直未知数としか言えません。

 

まだ平地の下級条件を2戦勝利しているだけですし、ここに出走してこれただけでも素晴らしい事だと思うのですが、前に行く脚質で最内に入れたのはかなりのアドバンテージでしょう。

 

中山の4000m超えの障害レースを何連覇もしている様に体力はぴか一ですし、血統的にも父ステイゴールドに母父ロベルト系と、血統も抜群ですね。

 

まあ冷静に考えればスピードの絶対値が足りないとは思うのですが、仮に雨が降ったりして力のいる馬場になれば、頭まであっても驚けないかなという評価ですね。

 

この馬は今回の出走馬の中でも1,2を争うほど好きな馬で、2走前の福島で行われた500万下のレースを見に行くほどのファンです!

 

本命にするかどうかは別として、必ず応援馬券は買う予定です‼

 

 

自分もオジュウチョウサンのファンです!っていう方は、こちらの記事もご覧ください。

福島競馬場に歓声の嵐!オジュウチョウサン最強伝説の現場を覗いてきました!

 

 

クリンチャー

前走:凱旋門賞17着

血統注目馬として挙げたクリンチャーですが、父ディープスカイ母父ブライアンズタイムという事で、間違いなく力のいる馬場の適性は高いでしょう。

 

暮れの中山は馬場が荒れて力のいる馬場になりやすいので、重馬場なら面白い馬だと思っていたのですが、週末雨予報という事で、ちょっと気になっています。

 

枠も先行して粘り込む競馬をするこの馬には絶好枠ですし、侮れない存在ですよね。

 

この馬の取捨としては、海外帰りすぐの状態という事をどう判断するかという事と、当日の上がりタイムがどの程度のタイムなのかがポイントです。

 

この馬は全く速い脚が使えない馬なので、過去一番早い上り3Fでも34秒前半までです。

 

成績が良くなるのは上り3Fが35秒以上になる様な馬場の時なので、ぜひ馬券の取捨に活かしてください。

 

 

モズカッチャン

前走:エリザベス女王杯3着

この馬が内枠の中では一番悩ませる馬なのですが、基本的には内枠の先行馬は素直に買う必要があるという事は、ここ最近の有馬記念を見ているとひしひしと感じる所です。

 

内のオジュウチョウサン、クリンチャーと比較しても上位に評価すべき馬ですし、去年牝馬のクイーンズリングがこの枠から先行して穴を開けた事も記憶として残っています。

 

今年の秋を振り返ってみると、基本的にこの馬は叩き良化型なので休み明けとかは得意ではないと思うのですが、8月の札幌記念、11月のエリザベス女王杯と期間が開いた中でもしっかり3着まで走っています。

 

札幌記念では、不利な大外枠で今までとは異なる最後方からの競馬となり、4コーナーで捲っていく競馬をしてサングレーザー、マカヒキと差のない3着となりました。

 

正直馬券内も来ないだろうと思っていただけに、あの末脚には驚きましたね。

 

その後は府中牝馬Sを使う予定が熱発か何かで回避してエリザベス女王杯へ直行となった訳ですが、昨年覇者の意地を見せて3着と好走しました。

 

まあこのレースは人によって見方は変わると思うのですが、個人的には2着のクロコスミアは交わしてほしかったなーと感じます。

 

ローテがバッチリでは無いのが影響しているとは思いますが、流石にクロコスミアに3馬身差は離されすぎた感は否めません。

 

今回は中山の長距離戦という事で、内枠を取れたのは非常に大きいアドバンテージになるでしょう。

 

叩き2走目で写真や追切を見ても体調は良さそうですし、最近M.デムーロ騎手が波に乗っていますからね。

 

本命にするかどうかはまだ分かりませんが、注目している一頭です。

 

 

マカヒキ

前走:天皇賞・秋7着

前走の敗因は完全に位置取りに尽きるでしょう。

 

武豊騎手に乗り替わって金子オーナーとのコンビ復活!というロマンを含めての本命となりましたが、あの高速馬場で前残りの展開であの位置ではどうする事もできません。

 

あの一戦だけで完全に見限る必要は無いと思うのですが、昨年から展開が向かずの惨敗がかなり続いているので、やっぱりこの少し足りない所というのが衰えなのかなという気もします……。

 

年齢もあるのか速いラップだと追走できなくなっているのが目につくので、今回またキセキが引っ張る緩みのない流れで小回りコースへの舞台替わりというのはマイナスでしょう。

 

距離に関しても、ディープとヴァイスリージェントの配合は古馬になって距離適性がマイル付近になる事が多いので、筋骨隆々な馬体を見ても距離延長は良くないでしょう。

 

買える点としては内枠で岩田騎手という所かなと思います。

 

もしかしたら岩田騎手お得意のイン突きであっと言わせるかもしれませんが、ここでは軽視したいと思います。

 

 

パフォーマプロミス

前走:アルゼンチン共和国杯1着

アルゼンチン共和国杯を勝利してのステップという事で、人気薄で有馬記念を制したゴールドアクターと被る人も多いかと思いますが、実際昨年の有馬記念の前日にグレイトフルSという中山芝2,500mを勝利しており、舞台適性は高いと思われます。

 

父ステイゴールド母父ロベルト系のタニノギムレットという事で、中山の長距離は向いている舞台でしょう。

 

そこまで人気もしていませんし、ゴールドアクターの様に一発あっても驚けない馬ではありますが、ゴールドアクターが有馬記念を制したのは4歳の時なのに対してこの馬は6歳という事で、遅咲きと言えど頭まではイメージしにくい部分はあるかなと。

 

しかも、戦ってきた相手も一線級と比較するとやや劣るメンバーなので、相手には押さえると思いますが本命までは評価を挙げることはできないかなという所ですかね。

 

また、宝塚記念の時に陣営がレースの間を空けないといけない馬とコメントしており、前走と間が詰まっている今回はどうなのかなという気もしています。

 

本当は京都大賞典を使う予定だったことを考えると、目標はアルゼンチン共和国杯だった可能性もありますよね。

 

分かりやすく印で言うと△の評価です。

 

 

サトノダイヤモンド

前走:JC6着

一昨年の3歳時に有馬記念でキタサンブラックを破っての勝利を果たし、一躍ヒーローの座を手に入れた訳ですが、その時の本命はこのサトノダイヤモンドだった事もあって、非常に思い入れの強い馬の一頭です。

 

馬券でも皐月賞、ダービー、有馬記念と大変お世話になりました。

 

ファンもとっても多い馬なのですが、この有馬記念がラストランという事で、なんだか感慨深いものがありますね。

 

凱旋門への輸送が影響してから歯車が噛み合わなくなってしまったのですが、凱旋門へ行かずに日本で戦っていたら今でも活躍していたのかなーなんて考えたりもします。

 

残念ながら現在の状態では強気に本命に推せるほどの能力は無いと思いますが、ラストランをしっかりと決めて今後の種牡馬人生を全うしてもらいたいなと思います。

 

・・・直近の成績の評価をしていませんでしたw

 

ついこの馬の事になると昔の良かった時の記憶が蘇るので、思い出にふけってしまいます。

 

春から遡って見ると、金鯱賞は休み明けにしては最後いい脚を使えていた様に感じましたが、大阪杯は内枠で詰まってしまい能力を出し切れませんでした。

 

宝塚記念では、前走の展開や上がりのかかる馬場の方が良いという所に注目して本命にしましたが、最後の直線の失速を見る限り最高の出来だった3歳時とは見劣ってしまいますよね。

 

秋初戦の京都大賞典ではメンバーレベルの低さや舞台適性の高さもあって久しぶりの勝利を飾る事ができましたが、前走のJCでは高速馬場に対応できず見所無しの競馬となってしまいましたね。

 

まあ有馬記念というのは復活の舞台としても知られているので、ある程度人気に支持されるとは思いますが、人気ほどの信頼を置ける馬ではないと思います。

 

流石に本命にする事は無いですが、ファンとしては少しでも見せ場のあるレースをしてくれたらなという思いで見守りたいですね!

 

 

サウンズオブアース

前走:JC14着

この馬に関しては旬が過ぎたの一言ですね。

 

最強の2勝馬として、JCや有馬記念などのGⅠで活躍していましたが、流石にもう厳しいでしょう。

 

この馬もここがラストラン?になる様な話を聞いたので、有終の美を飾ってもらいたいですね!

 

 

[the_ad id=”270″]

ブラストワンピース

前走:菊花賞4着

この馬の扱いが結構難しいです。

 

枠としてはそれなりに良い所に入ったのかなという気はしていますが、距離不安のある馬なのでロスなくインを回れた方が良かったような感じはしますね。

 

毎日杯で内ラチすれすれを通れる根性も見られましたし、内に入ったら面白いと思っていたらちょうど真ん中と微妙な場所に入りました。

 

前走の菊花賞は1番人気に支持されるも4着と負けてしまったのですが、敗因はペースと位置取りに尽きると思います。

 

今年の菊花賞はかなり特殊なレースだったのですが、長距離適性なんて全くいらないドスローのレースになってしまい、上がりの競馬になってしまいました。

 

大型馬でパワーに長けた馬体でキレキレの上がりを使うタイプの馬ではないだけに、前走の負けは気にしなくても良いと思います。

 

では有馬記念ではどうかと言うと、今まで直線の長い所でしか走っていないというのが気になるポイントであり、小回りで直線短く急坂もある中山が向くような感じはしないですね。

 

また、この馬は右足の形がやや悪いようであり、右回りのレースは負担がかかる為、あまり使いたくないという事を以前陣営が話していました。

 

そう考えると、中山でパフォーマンスを上げるとは考えにくいので、ちょっと評価を下げるべきなのかなというのが現在の評価です。

 

ただ、素質はかなり高いと思うので、いつかGⅠを取れる馬なのかなという気はしています。

 

 

リッジマン

前走:ステイヤーズS1着

前走は王者アルバートが出走取り消しという混沌としたレースとなりましたw

 

結果人気通りにリッジマンが勝利したわけですが、まあアルバートがここに出ても勝負にならないでしょうし、リッジマンが出ても結果は同じなのかなと思っています。

 

ここは軽視で良いでしょう。

 

 

ミッキースワロー

前走:JC5着

前走は前残りのワールドレコードが出るレースの中、ほぼ最後方から上り最速の脚で追い込んできました。

 

展開的にどうしようもなかったとは思いますが、あの位置から追い込んでこれたのは評価すべきポイントかなと思います。

 

中山は得意としており、今でもセントライト記念での豪脚は忘れられませんね。

 

能力の高さは認めますが、いかんせん後方からの競馬になってしまうのが今の中山ではマイナスと言わざるを得ないかなと。

 

この馬の一番の長所としては、後方からマクっていける機動性なのですが、ポイントは中山の内回りでかつキセキが刻む緩みのないラップの中でもマクリができるかどうかだと思います。

 

枠もこの馬には良い所ですし、現在の人気を考えれば相手には押さえておきたい馬ですかね。

 

 

ミッキーロケット

前走:天皇賞・秋5着

この馬は内枠に入ったら本命まで考えたのですが、ちょっと外に入ってしまいましたね。

 

基本的に宝塚記念と有馬記念はリンクしやすい舞台なので、宝塚記念で強い勝ち方をしたミッキーロケットに期待していましたが、この枠だと悩んでしまいますね。

 

前走は天皇賞・秋で5着という事で、3着のキセキと0.2秒差と差のない競馬をしていますし、なにより掲示板にも来ないだろうと思っていたミッキーロケットがここまで走るとは思っていませんでした。

 

基本的に上がりの早い馬場やスピード決着は苦手なタイプなのに差のない競馬をして、天皇賞・春の4着というのも考えると、充実期に入ったと見て良いのかなと思います。

 

本当は天皇賞・秋の前に走る予定だったのに調整が合わず、休み明けぶっつけになってしまっての5着ですから、今回はすごく面白いと思うんですけどねー。

 

後は鞍上の若き天才マーフィー騎手の手腕にかかっていますね。

 

 

レイデオロ

前走:天皇賞・秋1着

枠順発表で一番皆を悩ませたのがレイデオロではないでしょうか。

 

内枠有利の有馬記念で12番とちょっと外目の枠に入りました。

 

果たしてこれをどう見るかなのですが、個人的にはそこまで評価を下げるほどの事ではないのかなと思っています。

 

その理由はと言うと、この馬の持ち味は機動力と末脚のパワフルさだと思っていて、あまりにも内に入りすぎると機動力を生かしにくくなってしまいますし、やや出遅れ癖もあるので、真ん中くらいがベストなのかなと考えていました。

 

結果12番という事で、外枠だけども外すぎない微妙な所に入ったというのが皆を悩ませているポイントかと思います。

 

天皇賞・秋の記事でも、この馬は有馬向きの馬だと評価して本命には推さなかったのですが、まさか勝ってしまうとは驚きましたね。

 

あれだけの高速馬場もこなせる能力を持ち、ピッチ走行でパワーのある馬なので中山適性も高いと見ているので、不安点は距離くらいですね。

 

ベストは2,000mだと思いますが、2,400mでも結果を残していますし、あとはルメール騎手がどうにかしてくれるでしょうw

 

個人的な評価としては、この枠で大きく評価を落とす必要は無いというのが結論ですね。

 

後はオッズとの兼ね合いですが、もちろん本命候補の一頭です!

 

 

スマートレイアー

前走:エリザベス女王杯9着

8歳になってもまだまだ元気なレイアー姉さんです。

 

個人的には馬券の相性は良くないのですが、結構好きな馬ですね。

 

いつかGⅠ取ってほしいなと追い続けてきましたが、早いものでもう8歳と高齢になってしまいました。

 

ここがラストラン?になる予定の様な記事を見かけたので、この馬にも頑張ってほしいですね。

 

流石に最近の内容を見るとここで狙いは立ちませんが、いつも男馬相手に頑張ってきたレイアー姉さんですから、恥ずかしいレースはしないでしょう。

 

これからは葦毛のかわいい子供を産んでもらいたいなと期待しています。

 

 

キセキ

前走:JC2着

また悩ましい一頭が出てきました。

 

今年の秋競馬で殊勲賞をあげるとすればこの馬でしょうか。

 

毎日王冠から数えて有馬記念が4戦目という事で、下級条件ならまだしもかなり負担が大きかったであろう天皇賞・秋とJCを激走しての参戦という事で、正直上積みは無いでしょう。

 

また、ルーラーシップ産駒は基本的に東京の方が走る傾向にあり、それはトニービンの血が東京に向いているからなんだと思います。

 

母父ディープインパクトでストライドの広い走りをしますから、小回りで急坂のある中山でパフォーマンスを上げる事は無いだろうと考えています。

 

前に行けるアドバンテージはあると思いますが、ずいぶんと外枠に入ってしまったので、川田騎手がどんな競馬をするのかがレース全体を左右する大きなポイントになるでしょう。

 

個人的には、有馬記念で買う予定は無かったですし、外枠に入った事でより危険な人気馬になるんじゃないかなと感じています。

 

馬券妙味を考えると、軽視したいと考えている一頭です。

 

 

シュヴァルグラン

前走:JC4着

色々と競馬情報の媒体を見ていると、この馬を推している記載が結構多く見受けられたのですが、個人的にはそこまで評価はしていません。

 

この馬のピークは昨年だったのは間違いないでしょうし、ギリギリ天皇賞・春までは走れていたとは思いますが、やっぱりデキ落ち感は否めませんね。

 

秋初戦の京都大賞典では、叩きとは言ってもあのメンバーに4着では負けすぎなのかなという所は感じます。

 

前走のJCは展開が向かなかったとは言え、4着まで迫ってきたのは評価できますが、だったら5着のミッキースワローを上位に取りたいですね。

 

昨年有馬記念で3着に走っていますが、本質的に中山は向いていないでしょうし、6歳の今年15番枠では買うのには勇気がいりますね。

 

脚質を考えれば直線勝負で3着ぐらいに来ても不思議ではないですが、ここで本命に推すことは無いと思います。

 

オッズ次第で相手に入れるかどうかという所ではないでしょうか。

 

 

サクラアンプルール

前走:天皇賞・秋6着

この馬も密かに期待していた馬ではありますが、残念ながら有馬記念では最悪の大外枠に入ってしまいました。

 

昨年の有馬記念は直線凄い脚で追い込んでくるものの、前が壁になって急ブレーキをかける事になってしまい、大敗してしまいました。

 

今年の戦績を見てみると、年齢の割には頑張っているなという感じで、前走も良く6着まで追い込んできたなという競馬振りでした。

 

ただ、やっぱり枠が全てではないでしょうか。

 

舞台は合っていると思いますが、軽視したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

そこまで枠に左右されない方が良い?

 

以上出走馬16頭を全頭評価しました。

 

色々な所で有馬記念は内有利という事が言われていますが、確かにその通りではあるものの枠に左右され過ぎるのも良くない思っています。

 

有馬記念というのは、今年一年を締めくくるお祭りの様なレースなので、自分が買いたい馬を素直に買ったらいいんじゃないかなというのが個人的な考えです。

 

この一年お世話になった馬でも良いでしょうし、ずっと好きで応援していた馬でも良いでしょうし。

 

有馬記念では、自分が買いたい馬を買って、その馬を一生懸命応援して楽しむことを忘れてはいけないと思っています。

 

枠で買いたい馬を諦めてその馬が来てしまった時の悲しさと言ったら半端じゃないです。

 

現に私は今年のダービーで、昨年から本命予定だったワグネリアンを外枠に入ったという事だけで軽視してしまい、かなりショックを受けましたね。

 

オークス、ダービー、有馬記念では好きな馬を買うと決めていたのに、今年一番の反省はダービーと言っても過言ではありません。

 

普段のレースならまだしも、特別なレースだからこそ、自分が買いたい馬を素直に買う事をオススメします。

 

経験者は語るってやつですね!w

 

買わない後悔よりも買った後悔の方が自分で納得できますし。

 

ただ、予想を公開している身としては、そうも言っていられない所はあるので、しっかりと枠や展開を含めて皆さんのお役に立てる様な予想をしていきたいと思います。

 

 

本命に関してはまだ決めかねていますが、穴馬で必ず押さえておきたい馬を紹介したいと思います。

 

ローテはプラスとは言えませんが、血統や枠順、脚質を考えると、買わない訳には行かないかなと。

 

流石に頭まではイメージできませんが、馬場や展開次第で人気以上にチャンスは大きいでしょう!

 

 

気になる方は下のバナーをクリックお願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事