皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第70回 朝日杯フューチュリティSの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

牡馬の2歳マイル王決定戦という位置付けであった朝日杯フューチュリティSですが、今年は牝馬のグランアレグリアが圧倒的な人気に支持されて出走するという事になりました。

 

今までにもミスエルテが牡馬相手に挑んで惨敗するという事がありましたが、グランアレグリアは果たして牡馬の壁を乗り切れることができるのでしょうか?

 

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第70回 朝日杯フューチュリティS 血統分析予想 スプリンター血統を狙え!

 

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の阪神の馬場は、先週から引き続き内の先行有利の馬場のままの様ですね。

 

本日は比較的短距離戦が多かったのですが、勝ち馬は最終コーナー6,7番手以内にいる必要がありました。

 

基本的には先行して3,4番手くらいで競馬ができる馬が良くて、ペースが流れた時に差し馬の台頭があるという感じですが、中団より後ろでは届かないと思われます。

 

昨年ダノンプレミアムが勝った時も、本日と同様に内の先行有利の馬場だったので、阪神外回りで差し有利になりやすいコースとは言え、ポジションが取れる馬が良いでしょう。

 

また、上り3Fが34秒から35秒台と上がりのかかる馬場になっており、気温も低くここから速い上りが出る馬場になるような感じはしないので、パワー型の馬が台頭する余地がありそうです。

 

 

レース展開

2歳戦という事で脚質は読みにくい所です。

 

過去の脚質を見ていても、結構前に行きたそうな馬が多いように感じていて、ドスローという事は無いのかなと。

 

過去に逃げ経験があるのが

 

アドマイヤマーズ

イッツクール

ヒラソール

コパノマーティン

ニホンピロヘンソン

 

以上の馬になります。

 

毎回逃げている馬というのはいないので、そこまで逃げ争いが激化する事は無いと思うのですが、やや外に集まっているというのが一つポイントになりそうですね。

 

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

 

このレースを予想する上でグランアレグリアの扱いをどうするかが一番のポイントでしょう。

 

能力はもちろん高いのですが、一昨年はミスエルテが惨敗し牝馬ではやはり難しいのではと考えるのが普通ですよね。

 

それでいて単勝1.5倍ですから、オッズほどの信頼は置けないのかなというのが個人的な意見です。

 

では、そんな中どの馬を推奨馬に挙げるかというと

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎グランアレグリア

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

 

正直、ここまで人気していては頭で狙う妙味は無いのですが、この馬以外に買いたくなる馬がいないというのが本音です。

 

前走出遅れており、牝馬でもありますから内で揉まれたら厳しい競馬になるという事も考えられますし、牝馬の初輸送というのも心配ですよね。

 

なので、もちろん他の馬が勝つ可能性はありますが、今のオッズと勝つであろう確率を考えた時にこの馬が一番信頼できるかなという判断に至りました。

 

能力の高さに関してはここで改めて言う事はありませんが、私が一番重視したのがノーザンファーム生産馬の出走数の少なさです。

 

昨年からホープフルSがGⅠに昇格したことにより、有力馬が朝日杯とホープフルに分散された結果、朝日杯で牝馬が好走する可能性というのは非常に高まったと言えます。

 

ノーザンファーム生産馬の有力馬がホープフルSに多数出走予定の中、朝日杯ではなんと3頭しかいません!

 

先週の阪神ジュベナイルフィリーズではノーザンファーム関係の生産馬が11頭いた事を考えると、朝日杯はグランアレグリア、アドマイヤマーズ、ケイデンスコールのノーザンファーム生産馬の3頭で固いという判断の表れだと思います。

 

ただ、アドマイヤマーズとケイデンスコールはオッズほどの信頼は置けず、圧倒的人気でもグランアレグリアでしょうがないのかなという判断の下、今回はグランアレグリアを推奨馬に挙げました。

 

正直、今のオッズでは単勝は買いにくいので、個人的には馬単で買う事になるのかなと考えています。

 

 

そこで、朝日杯フューチュリティSで狙いたい穴馬をブログランキングの方に載せておきますので、気になる方は下のバナーをクリックしてください!

 

このレースで穴を開けるのは距離延長馬がほとんどであり、上がりのかかる馬場で結果を残しており前に行けるこの馬は結構馬券内の可能性は高いと見ています。

 

鞍上も波に乗っていますし、この人気であれば必ず馬券の相手には押さえておきたい馬です!


最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事