2018 第4回 ターコイズS 血統分析予想 これだけは押さえておきたい注目血統

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第4回 ターコイズSの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

キングマンボ、ロベルトの血を持つ馬

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

アイライン

 

ベルーガ

 

ミスパンテール

 

メサルティム

 

リバティハイツ

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

中山芝1,600mは非常にトリッキー!

 

中山芝1,600mは非常にトリッキーなコースとして有名です。

 

何故かというと、スタート位置が1コーナーのポケットにあるのですが、スタートしてすぐに2コーナーに差し掛かる事によって外枠の馬は外を回らされる不利を受けてしまいます。

 

基本的には内枠の方が有利なのですが、馬場改修後は外差しも決まりやすくなったので、ペースや脚質によっては一概に外枠が不利とは言えないのが、トリッキーと言われる所以ですね。

 

もっと詳しくコース傾向について知りたい!という方は、下記URLにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

中山競馬場の特徴・傾向

 

 

血統面では、暮れの中山特有の荒れ馬場をこなすためにスタミナとパワーが必要になるので、キングマンボロベルトの血が好相性です。

 

中山芝1,600mの重賞はフェアリーS、ダービー卿CT、ニュージーランドT、京成杯オータムHとあるのですが、全ての重賞でロベルトを持つ馬というのが穴を開けまくっていますね。

 

また、この注目血統は有馬記念と同様の血統であり、平場の中山でも相性の良い血統なので、重賞以外の平場でも注目して見て下さい!

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事