2018 第11回 カペラS 血統分析予想 短距離戦だけど必要なのは○○血統?

 

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第11回 カペラSの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

先週の血統分析予想結果

ステイヤーズS 1着 リッジマン 3着 モンドインテロ

チャンピオンズカップ 2着 ウェスタールンド

 

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父米国ダート血統×母父欧州スタミナ血統

父サンデー系×母父米国ダート血統

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

キングズガード

クイーンズテソーロ

サイタスリーレッド

ノボバカラ

ハヤブサマカオー

ブラゾンドゥリス

ワンダーリーデル

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

距離以上にタフなコース!

 

中山1,200mは芝スタートの外枠有利として有名なコースですね!

 

また、非常に荒れやすい舞台としても知られるコースなのですが、一番の理由として挙げられるのが起伏の激しさだと考えています。

 

スタート後すぐに下り坂に入る為、前半のペースは非常に早くなりやすいのですが、最後のゴール前の急坂によって非常にタフなコースとなっています。

 

例えば、京都の様な平坦のダートで好走している馬というのは、スピードの持続力はあっても最後の急坂を乗り切れるパワーとスタミナが足りなくなり、人気を裏切って凡走する事が多いです。

 

開催の順番的に前走が京都や東京からの馬が多くなりやすく、そこで好走していた馬が人気を背負って最後の急坂に対応できなかった結果、高配当が出やすいという穴党にはたまらないコースですね!

 

もっと詳しくコース傾向について知りたい!という方は、下記URLにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

中山競馬場の特徴・傾向

 

血統面では、スタミナとパワーを補填するという意味で、欧州血統が入っている馬が好走しやすい傾向にありますね。

 

もちろん短距離ダートなので、ある程度のスピード能力は必要なのですが、他競馬場の1,200mに比べるとスタミナがかなり求められる舞台であるという事を押さえておきたいです。

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事