2018 第52回 ステイヤーズS 推奨馬 4連覇を阻止できるのはこの馬だ!

 

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第52回 ステイヤーズSの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

日本競馬最長のステイヤーズS。

 

アルバートが驚異の3連覇を成し遂げており、今回前人未到の同重賞4連覇に挑みます。

 

果たして、新たな大記録は生まれるのでしょうか?

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第52回 ステイヤーズS 血統分析予想 欧州のスタミナが必須!

 

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

 

開幕週の為、馬場傾向は省略します。

 

 

レース展開

 

距離が距離ですし、中山の急坂のある内回りを2周する訳ですから、ほぼ間違いなくスローで流れるのは間違いありません。

 

その中でどの馬がハナを切るかというと、マイネルミラノ、カレンラストショー、ヴォージュ辺りでしょうか。

 

開幕週ですし、後方よりはある程度のポジションが取れていた方が良いと思いますが、先行争いがどんな形で収まるかがポイントになりそうです。

 

特に、緩みのないラップを刻むことが多いマイネルミラノがいますから、この馬の動きには注目です。

 

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

 

まず初めに考えなければいけないのが、アルバートをどう扱うかですよね。

 

3連覇している事からも、この舞台の相性は抜群ですし、正直他のメンバーを考えると能力は抜けていると考えていいと思います。

 

2,3番人気になりそうなのがOP、準OPを勝ったばかりの馬だという事からも、メンバーレベルの低さが伺えます。

 

普通に考えればアルバートが勝つレースだと思うのですが、圧倒的人気を被る中で信頼できるほどの馬ではないかなと。

 

実績はあると言っても7歳と高齢になって能力の衰えはあるでしょうし、ここ最近レースの流れについていけなくなってきているのか、道中の位置が昨年よりも後方になっているんですよね。

 

年々ズブさが増してきている馬で、開幕週の馬場を後方から競馬をして差し届かずという事は十分に考えられるかなと思います。

 

また、今までずっとムーア騎手が騎乗していて、本当は今週まで短期免許で日本にいる予定だったのに何故乗らないんだろう?というのも引っ掛かっています。

 

まあモレイラ騎手になってダメという訳ではないですが、本当に勝ちたいならムーア騎手に乗ってもらえた方が良かったでしょうし、やっぱり京都大賞典からの始動というローテに疑問を持ってしまいます。

 

さらに、意外ですけども今年堀厩舎は重賞未勝利という事で、どこか歯車が噛み合っていないような感じですよね。

 

そんなこんなで、馬券妙味を考えて違う馬から入ってみたいかなと思います。

 

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎ヴォージュ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、前走はこの馬が得意でないスローからの直線勝負という競馬になってしまったのが敗因であり、それでいて0.5秒差であれば、展開次第でもう少し上位の着順になっていたのかなと。

 

3走前の札幌日経オープンでは、アドマイヤエイカン、モンドインテロに完勝していますし、前々走は先行馬にかなりきついラップを刻んでおり、先行馬総崩れのレースなので敗因はしっかりしています。

 

その時の勝ち馬リッジマンは、今回斤量が4kg増えますし、大体好走している時は軽斤量という事を考えれば、今回危険な人気馬になるのではないでしょうか。

 

また、ヴォージュは中山未経験ですが、このレースでは札幌や函館の2,600mで好走している馬が走りやすい舞台です。

 

血統を見ても父ナカヤマフェスタに母父がタニノギムレットですから、むしろ今まで中山を走っていないのが不思議なくらいこのレースに向いている血統構成だと思います。

 

枠も内枠ですんなりポジションを取れるので、先行争いが激化して消耗しない事を願って、この馬で勝負したいと思います!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事