皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第35回 マイルCSの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

2018年の京都開催最後のGⅠを飾るマイルCS。

 

現役マイラーの有力所が勢揃いの、非常に楽しみな一戦となりそうですね!

 

昨年の勝ち馬ペルシアンナイトに安田記念勝ち馬モズアスコット、牡馬相手に完勝のアエロリットなど、馬券妙味を考えても非常に面白い一戦となりそうです。

 

果たしてマイル王に輝くのはどの馬でしょうか?

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第35回 マイルCS 血統分析予想 京都マイルはディープ祭り!

 

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の京都の馬場ですが、今週からCコースでの開催という事で、概ね内の痛んでいる馬場はカバーされたかなと思いますが、見た目ではやや痛みは残っているかなと感じます。

 

ただ、それでもカバーされた直後なだけあって内はそれなりに伸びているような印象を受けました。

 

まあ外が伸びない訳ではなさそうなので、明らかに内外で差がある訳ではなさそうですが。

 

脚質で見ると、勝ち切るには最終コーナーを5番手以内で回ってくるのがベターであり、後方からの差しでは勝ち切る所までは難しそうです。

 

また、今開催の京都通して言える事ですが、例年以上に上がりのかかる馬場になっている傾向にあります。

 

昨年の大荒れ馬場程ではないですが、その影響が残っているのか、今年は良馬場でも上り3Fは34秒台が続いています。

 

しかもその上りを先行馬が使って勝っている訳なので、やはり後方から競馬する馬には不利な馬場傾向かなと思われます。

 

 

レース展開

今回先行しそうな馬を過去走から挙げてみると・・・

 

内から

アルアイン

ロジクライ

ウインブライト

レーヌミノル

アエロリット

 

以上5頭になるのですが、18頭立てで5頭は少ないですよね。

 

まあ少ないと言っても、逃げそうな馬がロジクライ、レーヌミノル、アエロリットという事で、ドスローになる事は無いのかなと。

 

逆に安田記念の様な高速ラップを刻むこともないと思いますし、力のいる馬場であることも影響して安田記念とは異なるレースになると考えています。

 

安田記念では、ずっと11秒台を刻むような非常にタフなレースになりましたが、今回は上り坂もありますしペースは落ち着いて先行馬に有利なレースになると考えています。

 

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

 

改めて数えてみるとGⅠ馬は7頭も出走しており、それ以外でもGⅠで好勝負できる能力を持った馬が多数出走しているレースとあって、目移りしてしまいますね。

 

まずこのレースで思ったのが、人気上位3頭が全て父ノーザンダンサー系の種牡馬だという事です。

 

昨年のマイルCS、今年の安田記念と父ノーザンダンサー系の馬が勝利していますが、このレースでは父ノーザンの持ち味が活きないと考えています。

 

父ノーザンダンサー系の馬は前傾ラップ、要するに前半を飛ばして後半はそのスピードを持続するレースで能力を発揮する事ができます。

 

逆に言うと、父サンデー系は前傾ラップのレースが苦手であり、後傾ラップ、つまりスローからの瞬発力勝負の方が能力を発揮しやすい傾向にあります。

 

昨年のマイルCS、今年の安田記念を見ると、どちらも前傾ラップでのレースであり、父ノーザンダンサー系であるペルシアンナイトとモズアスコットに展開が向いたと言えます。

 

では今年はどうかというと、力のいる馬場であり前傾ラップになるほど先行争いが激化するとは思えません。

 

よって、もうお分かりかと思いますが、今回の推奨馬は上位三頭ではありません!

 

では、どの馬を推奨馬に挙げるかというと、枠良し、能力良し、血統良しの三拍子揃ったこの馬を挙げたいと思います。

 

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎アルアイン

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

この馬はいつかマイル路線に来てくれないかなーと考えていた馬なのですが、今回待望のマイルへの短縮という事で、ここで買わない訳にはいきません。

 

年を重ねる毎に筋肉量が増えてきており、どんどんマイラー体型になってきてもいますし、血統がディープに母父短距離ダートGⅠ馬ということで、血統面でも距離短縮は歓迎だと思います。

 

元々皐月賞を勝つだけのスピードを持ち合わせており、実績から今までは中距離中心に使われてきましたが、元々マイル適性が高いと言われてきた馬だけに、どんなレースをするのか非常に楽しみです。

 

能力面でも、天皇賞・秋であのきついラップを2番手で競馬をして惜しい4着まで残っていますし、瞬発力が足りないこの馬に東京の長い直線は合わないと思うので、それでいて前走あれだけ走れたのは能力が高い証拠だと思います。

 

鞍上も京都記念と大阪杯で騎乗経験のある川田騎手ですし、今秋はGⅠで全て馬券内に残っていますので、先行させると非常に上手い川田騎手に託したいと思います。

 

あとは、ここ最近の日本競馬の流れとして、外国人騎手を買っとけば当たるみたいな風潮じゃないですか?

 

確かに騎乗技術は高いので有力馬が自然と集まってしまうのはしょうがない事ではあるのですが・・・

 

ただ、同じ気持ちを抱いている方は多いと思うので、川田騎手には日本人だって負けていないぞ!って所を見せつけてもらいたいですね!

 

 

最後に、マイルCSで狙いたい穴馬をブログランキングの方に載せておきますので、気になる方は下のバナーをクリックしてください!

 

枠と前走の負けで大きく評価を落としていますが、前走は斤量の差を考えれば全然負けていませんし、この枠なら逆に自分の競馬に徹する事ができて面白いんじゃないかなと思っています。

 

この人気であれば必ず馬券の相手には押さえておきたい馬です!


最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事