皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第23回 武蔵野Sの血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

京王杯2歳S 1着 ファンタジスト

ファンタジーS 1着 ダノンファンタジー 2着 ベルスール 3着 ジュランビル

アルゼンチン共和国杯 1着 パフォーマプロミス 2着 ムイトオブリガード 3着 マコトガラハッド

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父が米国型血統、特に母父が欧州型血統の馬◎

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父米国型

インカンテーション

カゼノコ

クインズサターン

ゴールデンバローズ

サノイチ

ストロングバローズ

ダンツゴウユウ

バイラ

マルターズアポジー

メイショウウタゲ

ルグランフリソン

 

上記+母父欧州型

インカンテーション

サノイチ

ストロングバローズ

ルグランフリソン

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

父がサンデー系の馬は過去10年で0勝と苦戦!

 

過去10年の勝ち馬の父を見ると、10頭中9頭が米国のダートで活躍していた種牡馬であり、残りの一頭もキングカメハメハという事で、父サンデー系の馬は一勝もできていません!

 

さらに遡って見ると、過去22回行われた武蔵野Sで父サンデー系の馬(父サンデーサイレンス)が勝ったのは1度だけでした。

 

ダート適性の高いサンデー系と言えばゴールドアリュールやネオユニヴァースなどが挙げられますが、頭で狙うのは避けた方が良いかもしれませんね。

 

注意点ですが2,3着であれば父サンデー系でも好走していますので、あくまでも勝ち切る所まで考えると父米国型がベターだという事です。

 

また、このコースはスタミナも必要となるコースで、芝スタートの影響で前半のスピードが非常に早くなってしまう傾向にあり、最後の長い直線でバテてしまう馬が多いのも特徴です。

 

実際、このレースでも距離延長より距離短縮の方が成績が良く、同舞台で行われるフェブラリーSでも前哨戦の東京1,400mで行われる根岸Sからより、距離短縮ローテの方が結果を残しているという傾向にあります。

 

これは平場でも同様の事が言えて、東京ダート1,600mでは圧倒的に距離短縮の方が成績が良く、特に芝スタートなので外枠からスピードに乗れる馬というのが穴を出すことが多いです。

 

ぜひ、以上の事を気にしながら東京ダート1,600mを予想して見て下さい!

 

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事