皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 JBCスプリント、クラシック、レディスクラシック3レースの推奨馬をお届けします。

 

例年地方で行われてきたJBCですが、今年は京都開催という事で週末に重賞が6つもあるという超変則日程となっています。

 

予想を配信する身としては、嬉しくもあり辛くもあるというのが本音ですw

 

しかも今まで地方で行われてきたレースなので、今までの血統やデータの傾向が全く無意味なので、純粋に出走馬の評価が重要になりますね。

 

今回は3レース個別に記事を挙げる時間が取れなかったので、3レース一挙公開という事にしたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

推奨馬

JBCスプリント

 

まずはJBCスプリントからですが、京都の短距離戦は父が米国型の馬で、軽いダートと言われるだけあって芝での実績を持っている馬が穴を開ける舞台です。

 

今回の出走馬を見ると、かなり前傾ラップになりそうな気がしているので、中団くらいからのちょい差しができそうな馬を選んでみたいと思っています。

 

また、地方の馬場と京都の馬場では京都の方がスピードが出やすいので、地方で負けて人気を落としている馬に注目して高配当を狙いたいと思います!

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎ウインムート

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、ウインムートは父が米国型で前走地方ダートで惨敗して人気を落としている馬なのですが、中央では芝で準オープンを勝利しており、ダートではキャリアは少ないですが重賞で3着に入っています。

 

前走は1倍台の圧倒的1番人気だったこの馬が、今回のオッズが13番人気の約70倍とかなり人気落ちしています。

 

ダート得意な内田騎手の継続騎乗で1,400mから1,200mへの距離短縮もダートで激走する一つのポイントだと思うので、人気馬のすぐ横でマークしながらレースを進める事ができれば結構面白いと思います。

 

ダート短距離は出遅れがかなり致命的になるので、何が起きてもおかしくないのであれば思い切って人気薄から入ってみたいと思います!

 

 

JBCクラシック

 

次に、メインレースであるJBCクラシックの推奨馬です。

 

こちらもなかなか難解なレースであり、一長一短ある馬が多すぎて気になるのは穴馬ばかり……w

 

1,900mというちょっと特殊な距離であれば、先行勢が止まったちょっとの間に差し飛んで来そうな馬を選んでみたいと思います。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎サウンドトゥルー

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

この馬は本当に元気な馬で、ダートの最前線をずっと走り続けて気がつけば8歳と高齢馬になってしまったのですが、それでもますます元気といった感じで、最近の走りを見ても衰えというのは感じません。

 

どうしても後ろからの脚質なだけに展開待ちな面は否めませんが、京都の坂を利用して上手く仕掛ける事ができれば、この馬の差し脚を存分に生かす事ができるのではないでしょうか。

 

舞台は違えど、JBCクラシックは3回走って複勝率100%という堅実さもあり、前走は完全に叩きでの出走でしたし、今までの出走メンバーと比較すればやや軽いメンバーの中、現在7番人気と人気落ちしているので、ここで狙ってみたいと思います!

 

 

[the_ad id=”270″]

JBCレディスクラシック

 

最後に唯一の牝馬限定のダートGⅠ、JBCレディスクラシックです。

 

ただでさえ難しいダート戦で牝馬限定戦とあっては、もう何が起きるか未知数ですw

 

1番人気のラビットランは中央ダート実績に乏しく、2番人気のクイーンマンボは京都重賞で牡馬相手に2着になっていますが、これは先行馬がバチバチやり合った結果、展開が向いての2着なので、血統的にもダートGⅠで勝つような血統ではないと思います。

 

京都は平坦なので、コースが似ている米国の血を強く引き継いでいる馬を積極的に狙いたい所ですね!

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎ファッショニスタ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、この馬は今まで1,400mを中心に使われてきており、着を外したのは出遅れた一戦のみで他はすべて馬券内という堅実な馬です。

 

前走1,800mへ距離延長しての一戦だったのですが、これもまた2着と善戦しており、重賞未経験ではあっても牝馬限定戦であれば十分勝負になるのではないでしょうか。

 

川田騎手はメルボルンCへ行くためにJBCには騎乗できないという事で、残念ながら乗り替わりではありますが、ダート得意な大野騎手であれば問題ないでしょう。

 

父も母父も米国型でダート適性は非常に高いと思うので、ファッショニスタを狙ってみたいと思います!

 

 

 

以上、簡単ではありますが3レースの予想をお届けしました。

 

今回は全部穴馬の推奨馬になりましたが、どの馬も展開次第で十分にチャンスがある馬だと思うので、是非参考にして見て下さい!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事