2018 第56回 アルゼンチン共和国杯 血統分析予想 東京2,500mはスタミナ勝負!

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第56回 アルゼンチン共和国杯の血統分析予想をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

スワンS 1着 ロードクエスト

アルテミスS 3着 エールヴォア

天皇賞・秋 2着 サングレーザー

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

ロベルト、グレイソブリン系の血を持つ馬

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

アクションスター

アルバート

ウインテンダネス

ノーブルマーズ

パフォーマプロミス

ホウオウドリーム

マコトガラハッド

ムイトオブリガード

ヴォージュ

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

東京2,500mは距離以上にスタミナが重要!

 

アルゼンチン共和国杯と目黒記念が行われる東京2,500mというコースは、2,400mからスタートが100m後ろに下がっただけなので字面だけ見ればそこまで差は無いように感じますが、ここには大きな違いがあります。

 

それは、スタート位置が100m後ろに下がるだけで、坂を1回上るのか2回上るのかが変わってきます。

 

東京コースは最終コーナーを回った後の直線に坂があるコースであり、2,400m戦であれば坂上からのスタートですが、そこから100m後ろになる2,500m戦ではスタートが坂下になってしまいます。

 

よって、距離の差は100mでも実際要求されるスタミナはそれ以上のものになります。

 

血統面では、スタミナやスピードの持続力を伝えるロベルト系やグレイソヴリン系の血を持つ馬が優秀で、スタミナがある馬は素直に評価するのが良さそうですね。

 

今年は同舞台の目黒記念で走ってきた馬が多く、別路線からもスタミナに自信のある馬が揃ったように感じますので、どんなレースになるのか楽しみですね!

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事