2018 第158回 天皇賞・秋 推奨馬 夏から決めていた自身の本命教えます!

 

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第158回 天皇賞・秋の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

平成最後の天皇賞・秋がとうとう始まろうとしています。

 

史上最大級の好メンバーが揃うと言われていた今年の天皇賞ですが、ワグネリアンやダノンプレミアムなどの回避が続いた結果13頭と少し寂しいメンバーになりました。

 

それでも13頭中GⅠ馬7頭という超ハイレベルな馬が集まっており、古馬の頂上決戦と言っても過言ではない豪華メンバーではないでしょうか。

 

果たして、平成最後の秋の盾を手にするのは?

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

【競馬コラム】2018 天皇賞・秋に超豪華メンバーが集う!平成最後の秋盾は誰の手に

2018 第158回 天皇賞・秋 血統分析予想 ほぼ毎年馬券になるディープ産駒の取捨選択に重要な3つの条件とは?

2018 第158回 天皇賞・秋 枠順発表後の全頭評価予想

 

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の東京ですが、Bコース変わりでやや雨の影響が残っているかな?という馬場状態で行われた中、例年通りバンバン外差しが決まる様な馬場になっていたように感じます。

 

実際にデータで見てみると、勝ち馬はほぼ中団~後方から差してきた馬で決まっており、馬場が乾くにつれてより差しが決まりやすいレースが多く見受けられました。

 

勝ち馬の上がり3Fは全て33秒台で、ほとんどがそのレースで上り1位の脚を使っていました。

 

一番わかりやすい東京メインを振り返ってみたいと思うのですが、勝ち馬のシェーングレンツは出遅れて後方からの競馬になり、直線13番手から外に出して追い込んできての勝利でした。

 

Bコース変わりという事もあってか、ほとんどの馬が内に密集していましたが、見た目にもちょっと内の馬場が傷んでいるように見えたので、あまり内は伸びないのかもしれませんね。

 

おかげで本命のミディオーサは完全に内で囲まれて、前が壁になって撃沈・・・。

 

まあそれはいいんですけどwとにかく差し馬有利の馬場だというのは間違いないと思いますので、速い上りが使える差し馬に注目ですね!

 

 

レース展開

今回は逃げ馬不在かつ小頭数という事で、どの馬がペースメーカーになるかが全く読めませんw

 

前走前に行った馬で考えると、ステファノス、アルアイン、キセキ、ミッキーロケット辺りが先行馬になります。

 

後は出遅れを抜けばダンビュライトもある程度前で競馬したいタイプの馬ですよね。

 

うーん、全然分からないw

 

なんとなく、ダンビュライトかアルアイン辺りかなーとは感じますかね。

 

キセキは前走内枠だったのもあるでしょうし、かかり癖があるのでここから無理に出していく事は無いかと思います。

 

とにかく分かる事は、ハイペースのラップを刻む事は無いだろうという事です。

 

そうなると思い出されるのが、今年の大阪杯の様な超後傾ラップのレースですよね。

 

大阪杯は前半1,000m61,7秒という、GⅠの中距離戦としては考えられないくらいのドスローでしたが、それを嫌ってスワーヴリチャードが捲っていって早め先頭での押し切りというレースでした。

 

スワーヴリチャードはもちろんレイデオロにも言える事なのですが、この二頭に共通しているのは速い上りを使えない代わりに機動力が高くそこで自分の有利な競馬をできるという点です。

 

いくら速い上りが使える馬がいたとしても、この二頭は前で競馬できる機動力があるので、位置取りの差で優位に立つ事ができます。

 

なので、この二頭が大負けするってのは余程のことが無いと考えられない展開になると思います。

 

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

 

GⅠ馬7頭が集まった豪華メンバーで行われる天皇賞・秋ですが、正直スワーヴリチャードとレイデオロが飛ぶというのは考えにくいというのが本音です。

 

あり得るとすれば、スワーヴリチャードは休み明け+前走の超高速レースを経験したことによる折り合い面の不安、レイデオロは中間の調整ミスや距離不足かなーとは考えていたのですが、能力の高さを考えるとそんな不安は消え去ってしまいます。

 

個人的には荒れる要素はかなり低いと考えているのですが・・・

 

そんな中、推奨馬に挙げるのはこの二頭ではありません!

 

夏からこの馬で天皇賞・秋は勝負したいと、ずっと考えていました!

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎マカヒキ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由は一杯あってどこから説明すればいいのか分かりませんw

 

まず最初に驚愕したのは、武豊騎手が金子オーナー所有のディープ産駒のマカヒキに騎乗するというニュースでした!

 

ここ最近というか数年ですね、武豊騎手に回ってくる騎乗馬は正直一線級と比べると一枚落ちる馬が多く、なかなか騎乗馬に恵まれない日々が続いていました。

 

原因は落馬だったりデムーロ、ルメール騎手の来日、人間関係等々、いくつかあるとは思いますが、最近になってノーザン・社台系の有力馬に騎乗する機会が増えてきたように感じています。

 

今日勝ったシェーングランツもそうですが、4000勝目前にした辺りから馬の質が間違いなく良くなってきていると思います。

 

そんな中、ダービー馬のマカヒキというのは、ノーザン・社台系の馬でも最上級の扱いをされている馬だと思うので、その馬に武豊騎手を乗せてくるというのは、何かしら良い方向への環境の変化が起きているんだろうなと想像します。

 

まあ武豊騎手がマカヒキに騎乗するからっていう理由だけで推奨馬にしている訳ではありませんが、ここがまず一つ印象に残っている事ですね。

 

 

では、武豊騎手の話は置いといて、マカヒキ自体の評価に移りたいと思うのですが、現在約5倍くらいのオッズというのは、正直売れすぎ感は否めませんよね。

 

実際、上位2頭と比べると直近の戦績は間違いなく劣りますし、ニエル賞以来勝ち星がないわけですから、ファンの多い馬なんだなぁという事がよく分かりますよね。

 

だからと言ってこの馬が上位2頭と大きく差があるかと言われると、決してそんな事は無いと思いますし、ニエル賞以降の敗因は分析して分かっている上で、能力が高いという事を言いたいと思います。

 

では、凱旋門賞から順に分析して見たいと思うのですが、まあ凱旋門は海外のレースなので適性外というのが一番の理由でしょう。

 

マカヒキはここから歯車がずれてしまいましたね。

 

京都記念は、凱旋門帰りで稍重馬場、サトノクラウンが勝つような力のいる馬場でしたから、マカヒキの持ち味は活かせないレースでした。

 

大阪杯は、内枠で先行して競馬したキタサンブラックとステファノスが1,2着に入った中、大外の14番枠から大外回しての追い込み競馬になったので、距離ロスや海外明けの疲労を考えればしょうがない結果なのかなと。

 

毎日王冠は、開幕週でバンバン差しが決まる馬場の中、内枠で出遅れた後前に出していって直線失速というちぐはぐな競馬で、上がり3F32秒台のキレキレの上がりを使った3頭で決まったレースでした。

 

天皇賞・秋は、歴史的極悪馬場でのレースでしたから、まあ参考外で良いでしょう。

 

JCは、内の先行馬が完全に有利のレースの中、外枠から直線追い込みの4着と、上位3頭とは差がありましたが健闘していますし、マカヒキの血統は古馬になってから距離の融通が利かなくなりマイル~2,000mまでが限界の血統なので、しょうがない敗戦かと思います。

 

しかもこの後軽い骨折がありましたから、もしかすると状態も良くなかったのかもしれませんね。

 

そして前走の札幌記念ですが、長期休養(骨折)明け、稍重、ハイペース、大外ぶん回し、内有利のレースというマカヒキにとってかなりきついレースの中で、内で競馬ができたサングレーザーとハナ差の2着であれば十分評価できます。

 

そして今回、ノーザンファーム天栄で仕上げた後、厩舎に戻ってきてしっかりと乗り込まれており、二週前、一週前と追いきりでは抜群の動きを見せております。

 

今週は坂路で馬なりという事で、もう完全に仕上がっているということでしょう、友道厩舎の得意な仕上げで抜群の状態でレースを迎える事ができています。

 

マカヒキにとって一番高いパフォーマンスを発揮できるのが東京2,000mだと思いますし、天皇賞を獲る為に最も良い調整をできているのがこの馬だと思うので、能力、ローテ、状態全て含めて上昇度はマカヒキが一番高いでしょう。

 

 

それでも、果たして上位二頭と比較してどうかは分かりませんが、今回はロマンを求めての推奨馬という事でマカヒキを推したいと思います。

 

私はマカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティが活躍した”最強の3歳世代”と言われた時代に競馬にハマった人間なので、今で言う5歳馬が活躍してくれるとすごく嬉しい気持ちになるんですよね!

 

今年はその5歳馬が活躍していて、レインボーラインやミッキーロケットがGⅠを初勝利したり、直近ではサトノダイヤモンドやロードクエストの復活など、クラシックを賑わせてきた5歳馬の活躍を目にする機会が多いです。

 

でも、一番復活すべき馬はダービー馬のマカヒキではないでしょうか?

 

マカヒキが復活する御膳立ては済んでいますから、ここで”やっぱりこの世代は強かったんだ”と言わせるようなレースを見せつけてくれることを期待しています!

 

そこに平成の盾男、武豊が騎乗するわけですから、鬼に金棒とはまさにこの事でしょう!

 

 

私の私情が含まれているので、馬券妙味という意味では微妙かもしれませんが、今回はマカヒキで勝負したいと思います!

 

 

 

最後に、天皇賞・秋で狙いたい穴馬をブログランキングの方に載せておきますので、気になる方は下のバナーをクリックしてください!

 

スローからの瞬発力勝負になると考えると、実はこの馬が一番適しているのかなとも感じていて、ローテーションが微妙なので何とも言えませんが、逆に不安点はローテくらい?かもしれませんね。

必ず馬券の相手には押さえておきたい馬です!


最強競馬ブログランキングへ

 

 

この盛り上がりを皆さんと共有したいと思いますので、下のアンケートにぜひご回答ください。

 

平成最後の天皇賞・秋を制する馬はどの馬でしょうか?

 

よろしくお願いします( `・∀・´)ノヨロシク

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事