2018 第61回 スワンS 血統分析 モズアスコットに勝てる馬は現れるか?

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第21回 富士Sの血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

富士S 該当なし

菊花賞2着 エタリオウ

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父がサンデー系で母父が短距離適性の高い

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

キングハート

コウエイタケル

デアレガーロ

レーヌミノル

ロードクエスト

 

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

ディープ産駒が4年連続で馬券内!ではあるが・・・

 

スワンSは4年連続でディープ産駒が馬券内に来ており、牝系の血統を見てみると米国のスピード血統が多い印象を受けます。

 

直近だとサングレーザーとサトノアラジンなどのディープ×牝系にスピード血統の相性が良いレースです。

 

・・・なのですが、

 

今年はまさかのディープ産駒不在!

 

京都1,400mでディープ産駒が出てこないというのは、なんとも言えない所はありますね・・・。

 

ただ、穴でサンデー系と短距離血統の配合の馬が飛んでくることは多々あるので、そこは注目が必要かと思います。

 

血統分析の注目血統では上がりませんでしたが、正直メンバーレベルの低さが否めず、モズアスコットの一強なのは間違いないでしょう。

 

まあメンバーレベルが低いのはモズアスコットの影響が強いと思いますがw

 

そこを血統の力が上回るかどうか見物ですね!

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事