2018 第158回 天皇賞・秋 血統分析予想 ほぼ毎年馬券になるディープ産駒の取捨選択に重要な3つの条件とは?

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第158回 天皇賞・秋の血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

富士S 該当なし

菊花賞2着 エタリオウ

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

良馬場であればほぼ毎年ディープ産駒が馬券に

母父ノーザンダンサー系が好成績

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

サングレーザー

ステファノス

ブラックムーン

マカヒキ

ミッキーロケット

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

ディープ産駒の取捨選択に重要な3つのポイント

天皇賞・秋は東京2,000mで行われるという事で、クラシックで求められるような瞬発力とスピード持続力が活きるレースです。

 

要するに王道の距離とコースで行われる訳なので、ノーザン・社台生産馬は切っても切れない存在ですよね。

 

現に、過去10年でノーザン・社台系の馬が7勝している様に、クラシックで走る馬づくりに力を入れているノーザン・社台系の馬から入る事がまず的中への近道となりそうです。

 

調べてびっくりなのですが、ノーザンファーム生産馬全て単勝ベタ買いするだけで回収率100%を超えてしまうので、勝ち馬探しでここ以外から入るのは得策ではなさそうです。

 

では、題名で書いたようにディープ産駒の取捨選択について書いてみようと思うのですが、3つある取捨選択の理由の一つに、上記で説明した生産者が挙げられます。

 

まず、ディープ産駒はノーザン・社台系の馬でないと走らない傾向にありまして、過去5年で馬券になったディープ産駒は全てノーザン・社台系の馬でした。

 

これは王道距離の馬づくりに特化している生産が行われているというのが一番の理由だと思うのですが、今年はノーザンファーム生産馬が非常に多く、あまり参考にならない傾向かもしれませんw

 

厳密に言うと、サングレーザーの生産者は追分ファームで社台系の生産牧場ではあるのですが、生産者という点ではやや評価は落とす必要があるかもしれません。

 

また、馬券になったディープ産駒は能力が抜けて高かったジェンティルドンナを除けば、全て中団後方から競馬をする馬であり、基本的には速い上りを使える馬が良さそうです。

 

やはり東京の長い直線なので、上がりの脚が重要なのは間違いないでしょう。

 

最後に、ディープ産駒は母父ノーザンダンサー系が好成績なのですが、馬券になったすべての馬に言えるのが「母父が短距離適性の高い馬」なのです。

 

過去の好走馬を見ると、ステファノスやリアルスティールなんかは距離に限界があるタイプの馬であり、2,400mのJCでは届かないけれども2,000mの天皇賞では走れるという風に、スタミナよりスピード能力が問われる舞台という事が分かるかと思います。

 

実際、天皇賞・秋はマイルで好走している馬が良く来るレースでもあり、ディープ産駒以外で言うとモーリスやイスラボニータなんかがマイルでも高い能力を出せていましたよね。

 

これらの特徴を参考にディープ産駒の取捨選択をしてみると、結構絞れてくると思います。

 

以上の取捨選択をした上で、血統面で注目の馬をランキングに載せておきますので、気になる方はバナーのクリックをお願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

また、天皇賞・秋は現地観戦の予定なので、今回けっこう気合が入っています!(いつも気合が入っていない訳ではないですよ?w)

 

しっかりと予想して、有意義な競馬観戦ができればと思いますので、是非自分も競馬場に行くよー!という方は私のブログを見て頂いて一緒に天皇賞に挑みましょう!

 

天皇賞・秋の勝ち馬アンケートもありますので、宜しければこちらもご協力ください!

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事