2018 第21回 富士S 血統分析 東京マイルの必勝法は○○の血統を狙うだけ?

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第21回 富士Sの血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

府中牝馬S 2着リスグラシュー 3着フロンテアクイーン

秋華賞 該当無し

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父ノーザンダンサー系の馬

特に母父サンデー系◎

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

ジャンダルム

デンコウアンジュ

ハッピーグリン

ヒーズインラブ

ペルシアンンアイト

マルターズアポジー

ヤングマンパワー

 

母父サンデー系の馬

ジャンダルム

ハッピーグリン

ペルシアンナイト

ヤングマンパワー

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

東京マイルは父ノーザンダンサー系が優秀!

 

東京マイルと言えば、安田記念を始めNHKマイルやヴィクトリアマイルなんかが行われる、非常に重賞の多いコースです。

 

基本的には直線が長い東京ではディープなどの末脚自慢のサンデー系が走る舞台ではありますが、マイルに関しては非サンデー系の馬も多く走る舞台となっています。

 

特に父ノーザンダンサー系というのが好走しやすい傾向にあり、富士Sでも過去5レース中4レースに父ノーザンダンサー系の馬が絡んでいます(馬券にならなかったのは昨年の不良馬場)。

 

他の東京マイルで見ても、今年の安田記念勝ち馬モズアスコットと2着のアエロリットは父ノーザンダンサー系、昨年のNHKマイル勝ち馬アエロリット、一昨年の安田記念勝ち馬ロゴタイプなど。

 

今回出走するデンコウアンジュも東京マイルで大穴を演出している一頭ですよね。

 

記憶に残っているだけでもこれだけ挙がってきますから、東京マイルで父ノーザンダンサー系の馬には注目が必要です。

 

また、父ノーザンダンサー系が走りやすい展開として挙げられるのが、速い流れで瞬発力ではなくスピード能力が求められた時だという事も覚えておくとよいでしょう。

 

今年はマルターズアポジーやウインガニオンといった、ある程度早めの流れで逃げるタイプの馬が登録しているので、どんな展開になるのか気になる所ですね!

 

本日は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事