2018 第79回 菊花賞 血統分析 知らなきゃ損!? 長距離戦なのに○○の血が活きる理由教えます。

 

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第79回 菊花賞の血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

府中牝馬S 2着リスグラシュー 3着フロンテアクイーン

秋華賞 該当無し

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父が中長距離実績のある種牡馬

母系にミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系の血

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

アフリカンゴールド

エタリオウ

エポカドーロ

グローリーヴェイズ

シャルドネゴールド

ステイフーリッシュ

メイショウテッコン

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

菊花賞はスタミナだけでなくスピード能力も重要!

 

菊花賞と言えばクラシック最長距離である3,000mで行われる名物レースです。

 

年間でも菊花賞と万葉Sという2レースのみであり、天皇賞・春を含めても京都の長距離戦は3レースしかありません。

 

個人的には、長距離戦がとても大好きなので、もっともっとレース数が増えてきてほしいと願っているのですが…

 

話が逸れましたが、要するに菊花賞の様な長距離戦というのは特殊な舞台だという事を、まず一つ押さえておかなければいけません。

 

そしてもう一つ、菊花賞に出走してくる馬は天皇賞・春や万葉Sと大きく異なる点があります。

 

それは、長距離適性が無い馬でも3歳のこの時期であれば能力で走れてしまうという事です。

 

菊花賞はクラシック最後のレースであり、距離の不安があってもクラシックに出走する馬がとても多いです。

 

しかし、逆に言うと3歳の時期に長距離適性が高い馬は少ないというのが現状であり、長距離適性も重要ですが過去の戦績をしっかりと重要視する必要があると思います。

 

例えば、昨年は泥んこ馬場だったので例外として、一昨年であればエアスピネル、一昨年で言えばリアルスティールという風に、実際にはマイル~2,000m付近で能力を発揮する馬でも能力があれば十分好走できるのが菊花賞です。

 

また、京都で開催されるというのが一つポイントでして、この時期の京都の馬場は高速馬場になりやすくスピード能力も重要になってきます。

 

という事で、血統的にはスタミナがある種牡馬にスピード能力の高いミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系の血が配合されている馬に注目すべきかなと思います。

 

最後に、血統面で注目の馬をランキングに載せておきますので、気になる方はバナーのクリックをお願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事