2018 第23回 秋華賞 推奨馬 アーモンドアイの三冠濃厚?いや競馬に絶対はない!

 

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第23回 秋華賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

 

 

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第23回 秋華賞 血統分析 スピード勝負に強い血統に注目!

秋華賞を自分で予想したい方必見! 京都芝2,000mのちょっと儲かる話

2018 第23回 秋華賞 出走馬全頭評価 穴馬をお探しの皆さん必見!馬券に必ず入れるべき馬教えます!

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の京都は著しい前残り馬場という感じで、最終レースの内回りはもちろんの事、外回りコースでも勝ち馬はほとんどが先行馬というレースが多かったです。

 

また、スローの展開が大半を占める中、上りもかかっておりさらに後方からの馬には厳しい馬場状態であると思われます。

 

しかし、あくまでもスローで流れた場合での結果だったので、展開が流れそうな秋華賞ではパワーやスタミナが求められる馬場になる可能性が高いと見ています。

 

レース展開

今年の出走馬は非常に前に行きたい馬が揃っており、まずスローに落ち着く事は無いんじゃないかなと思います。

 

パッと見ただけでも4,5頭逃げたいタイプの馬が揃ってますから、正直どの馬が逃げるのか予想するのは困難です。

 

とにかくハイペースになる事は間違いないと思いますが、外から前に行こうとすると激流に巻き込まれながら外々を回るロスを食らってしまうので、外から前に行く馬は上手く内側に入れて折り合いをつける必要があると思います。

 

とにかく注目はアーモンドアイがどんな競馬をするのかだと思うのですが、この枠から前に出していくのは結構リスクが高いと思いますし、オークスでは距離不安で全頭スタートがゆっくりだったのが先行できた一番の理由だと思うので、ルメール騎手の判断がポイントになりそうですね。

 

スタート次第だとは思いますが、馬の能力を信じてアーモンドアイが競馬しやすい後ろからの競馬になるんじゃないかなと考えています。

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

 

3歳牝馬の最後のGⅠ秋華賞ですが、今年はここ最近で一番異常なレースとなりそうです。

 

どういう事かというと、アーモンドアイが前日段階でGⅠで単勝1.1倍、2番人気以降が10倍以上というかなり異常な人気となっています。

 

私はまだ競馬歴が浅く、ここまでのオッズになってしまうレースに出会ったことが無いので、とても驚いています。

 

過去に菊花賞でディープインパクトが単勝元返しという出来事があった事は知っていますが、GⅠでここまで人気が被るのはそれこそディープ以来ぐらいの出来事なのではないでしょうか。

 

もちろん競馬ファンとして、名牝になるであろうアーモンドアイのレースをリアルタイムで見れることは非常に嬉しい限りですし、久しぶりの三冠馬というのもぜひ見てみたいなという気持ちはあります。

 

しかし、題名にも書きましたが、「競馬は何が起きるか分かりません!

 

アーモンドアイにとって、京都の芝2,000m内回りは適舞台ではないでしょう。

 

しかも、今回は桜花賞の時と違って長期休み明け、次のJCを見据えるとここで100%の出来に仕上げてくる事は無いと思います。

 

現に三冠を期待された圧倒的実力の持ち主ブエナビスタでさえ差し届かずという出来事があった訳です。

 

それだけこのコースは紛れが起こりやすいコースなわけなので、ここまでぐりぐりの一番人気は流石に怖くて手が出せません。

 

これはあくまでも単複一点勝負できる馬を推奨馬に挙げるという、このブログのコンセプトに基づいての話なので、馬券外から飛ぶというのはそれこそ落馬とかの大事故が無い限りまず心配いらないかなと。

 

では、アーモンドアイを差し置いてどの馬を推奨馬に挙げるのかというと…

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎サラキア

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まずアーモンドアイに勝てる可能性があるとすれば、展開利を十分に受ける事ができる内枠の馬だと思っています。

 

では内枠の中でもこの馬を選んだ理由ですが、サラキアは3枠5番とぼちぼちの内枠に入っている訳ですが、そこから内にいる4頭のうち3頭は前に行きたいタイプの馬なんですよね。

 

この馬は毎回出遅れてしまうのが一番の欠点なのですが、幸いにも内の馬が前に行く事で、出遅れても早めにリカバリーできれば内に入れる事ができると考えています。

 

京都の内回りはコーナーがきつく、坂を下ったスピードのまま外を回そうとすると、遠心力の影響で絶対に外に膨れるんですよね。

 

しかもこれだけの多頭数ですから、かなり外に膨れる馬は多くなると思います。

 

そうなった時に、距離ロスを受けずに立ち回れる内の差し馬というのが京都では良く穴を開けるパターンなのです!

 

アーモンドアイに勝つには展開の有利不利が起きないとまず勝てないでしょうから、決め打ちをする池添騎手にはインでギリギリまで我慢して競馬してほしいです。

 

この馬の切れる脚は十分証明済みですし、牝系からはスピードとパワーの両方の能力を引き継いでいると見ているので、非常に面白い一頭だと見ています。

 

後は、当初モレイラ騎手に乗り替わりが決まっていた馬でもあり、ノーザンファームが力を入れている馬という事が分かりますよね。

 

個人的には池添騎手はとても好きな騎手なので、この騎手配置の悔しさを胸に池添家族悲願のGⅠ制覇を見てみたいと願っています!

 

最後に、秋華賞で狙いたい穴馬をブログランキングの方に載せておきますので、気になる方は下のバナーをクリックしてください。

 


最強競馬ブログランキングへ

 

宜しければアンケートにもご協力ください!

一緒に競馬を盛り上げていきましょう!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事