皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第66回 府中牝馬Sの血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

サウジアラビアRC 2着ドゴール 3着アマーティ

毎日王冠 3着キセキ

京都大賞典 2着レッドジェノヴァ 3着アルバート

 

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父か母父サンデー系、母系に欧州型ナスルーラ系の血

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

アドマイヤリード

キンショーユキヒメ

クロコスミア

フロンンテアクイーン

リスグラシュー

 

 

以上の馬には要注目です!

 

東京の長い直線はスピードの持続力が活きる

 

同舞台である毎日王冠の血統分析でもグレイソヴリン系の血が好成績を残している様に、東京の長い直線を走り切る為には、スピードの持続力が重要となります。

 

また、スピードの持続力を活かす為にはある程度の瞬発力がないとただの脚の遅い馬になってしまうので、サンデー系の血というのもやはり重要になってきますね。

 

今年の出走馬を見てみると、GⅠでも上位評価される馬が多数出走するという事で、なかなか面白いメンバーが揃ったのではないでしょうか。

 

次の日は秋華賞が控えていますが、パッと見のメンバーだけで考えたらこっちの方がGⅠっぽいような気がしなくも無いですねw

 

馬券妙味的にも面白そうな一戦なので、今週から始まる秋のGⅠ戦線の為にも資金稼ぎしたい所です!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサードリンク