2018 第23回 秋華賞 血統分析 スピード勝負に強い血統に注目!

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第23回 秋華賞の血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

サウジアラビアRC 2着ドゴール 3着アマーティ

毎日王冠 3着キセキ

京都大賞典 2着レッドジェノヴァ 3着アルバート

 

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父か母父芝中距離実績のある血統

特に父か母父ミスプロ系か米国型の馬

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

ウラヌスチャーム

オールフォーラヴ

オスカルビー

カレンシリエージョ

ゴージャスランチ

サラス

スカーレットカラー

パイオニアバイオ

ラッキーライラック

ラテュロス

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

高速馬場になればなるほど米国型のスピードが活きる!

 

近年秋華賞は先行争いが激化して、前傾ラップになる事が多いレースです。

 

3歳牝馬の多頭数という事で気性が前向きな馬が多いのと、馬場が高速化する事が理由に挙げられます。

 

決着タイムは大体1分58秒台になる事が多いですが、古馬のレースを含めてもこのタイムは全シーズン通してトップレベルに速いタイムです。

 

一番馬場状態の良い秋の開幕週という事で、高速馬場の適性がとても重要になるレースとなります。

 

過去の例を見てみましょう!

昨年は重馬場なので例外として、一昨年から血統を見てみると、

 

2016年

上位三頭ミスプロ系のファピアノ、マキャベリアンという高速馬場適性の高い血統。

1番人気10着のビッシュは母系がドイツの重い血統。

 

2015年

1番人気1着のミッキークイーンが母父にスピード能力の高いゴールドアウェイ

2番人気6着のタッチングスピーチは母が重い血統のサドラーズウェルズ。

 

以上の様に、人気で馬券外に飛んでいる馬を見てみると、スピード適性が足りない馬が人気を裏切る事が多いようです。

 

今回圧倒的1番人気間違いなしのアーモンドアイは、母が秋華賞3着のフサイチパンドラでヌレイエフの血を持ち、父はロードカナロアで父父キングカメハメハ、父母ストームキャットという事で、高速馬場適性は非常に高い可能性がありますね。

 

現にオークスでは2,23,8のかなり速い時計でゴール前余裕残しで勝利し、翌週のダービーが2,23,6と0,2秒しか差がない好タイムでした。

 

しかも、ダービーのタイムも過去10年でドゥラメンテが勝った2,23,2の次に速いタイムであり、かなりの高速馬場だった事が分かりますね。

 

タイム分析から高速馬場適性は高いと思われるアーモンドアイに、果たして死角はあるのでしょうか?

 

各馬の評価に関しては後日記事を挙げたいと思います。

 

注目血統で挙がった馬の中で血統的に面白そうな馬をランキングの説明欄に載せておきますので、気になる方は下のバナーのクリックをお願いします!


最強競馬ブログランキングへ

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

少しでも参考になったと感じた方は、下のランキングバナーのクリックお願いします!

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬)ランキング

 

スポンサーリンク
おすすめの記事