皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第66回 神戸新聞杯の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

今回は申し訳ありませんが時間の都合上、推奨馬のみのご紹介になりますがご了承ください。

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第66回 神戸新聞杯 血統分析 王道血統に死角無し!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

今年の神戸新聞杯はダービー1,2着馬が出走という事で、非常に注目を当ています。

 

ただ、エポカドーロにしてもワグネリアンにしても目標は次なのは間違いありません。

 

エポカドーロに関しては、阪神外回りに適していない脚質ですし、ワグネリアンは鞍上が乗り替わりと、能力の高さは認めますが自信を持って推奨できるだけのオッズではないですよね。

 

前哨戦で重要なのは、ここで結果を残したい馬がどの馬なのかを見極める事だと思っているので、この2頭に割って入れるであろう馬を推奨馬として挙げたいと思います。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎アドマイヤアルバ

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、前走ダービーで最速上がりを使って追い込んできたという点がまず一つ挙げられます。

 

このレースは、とにかく上りが使える馬が好走する傾向にあるので、まずそれだけでも買う材料にはなるかと思います。

 

また、着外に負けたのは前走のダービーだけであり、そもそもダービーへのローテーションがタイトだったという事を考えれば、ここで巻き返しは効くと思います。

 

同じ理論で言えばエタリオウも該当しますが、かなりデムーロ人気しているので、そこまで買いたいとは思いません。

 

ダービーはボウマン騎手の好騎乗も手助けしたでしょうし。

 

だったら、全然人気のないアドマイヤアルバから穴狙いで入ってみようかなと思います!

 

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事