2018 第64回 産経賞オールカマー 血統分析 スピードの持続力が活きるレース!

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第64回 産経賞オールカマーの血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

ローズS カンタービレ 1着 サラキア 2着

セントライト記念 ジェネラーレウーノ 1着 レイエンダ 2着 グレイル 3着

 

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

ボールドルーラー、プリンスリーギフト、グレイソブリン系の血

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

アルアイン

エアアンセム

ショウナンバッハ

ダンビュライト

ブラックバゴ

プリメラアスール

マイネルフロスト

マイネルミラノ

ミライヘノツバサ

レイデオロ

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

スピードの持続力が高い血が好成績!

 

中山2,200mは月曜日のセントライト記念と同様のコースですが、このコースは中山外回りコースを使用するため、コーナーの数が少なく息を入れられる場面が少ないため、道中のラップが緩みにくい傾向にあります。

 

また、開催3週目という事で徐々に徐々にタフな馬場になってきているという点で、ナスルーラ系のスピード持続力とパワーが求められる馬場になっています。

 

また、馬場改修後は毎年一頭ディープ産駒が馬券になっている点にも注目で、ショウナンパンドラ、サトノノブレス、ステファノスとキレキレの脚を使うというよりは、長くいい脚を使えるタイプのディープ産駒が好走する傾向にあるようです。

 

今年はアルアインが該当しますが、この馬はタフな馬場での高速決着の皐月賞で好走している通り、長くいい脚を使えるタイプのディープ産駒なので、休み明けという点は考慮しなければいけませんが、必ず馬券には組み込みたい一頭でしょう!

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事